【適性検査】問題の傾向と対策方法は?

選考でWEBテストや筆記テストなどの適性検査を実施する企業は徐々に増えてきています。

適性検査にも様々な種類がありますので、問題の傾向と対策方法をご紹介していきます。

適性検査の傾向と対策

就職活動における適性検査とは、WEBテストや筆記テストの実施により受験者の性格や能力を判定し、採用基準にもなるテストです。

適性検査には能力検査と性格検査の2つの種類があります。

それぞれの傾向と対策を確認しておきましょう。

能力検査

能力検査は、学力や論理的思考を測るためのテストです。

一般常識がほとんどですが職種によっては専門知識を問われることもあります。

小学校~高校までの基礎的な学力レベルの問題から論理的思考を解く問題まで幅広い内容が出題されます。

また、問題数が多いため素早く解くことも重要となります。

能力検査に関しての参考書は多く存在し、過去問や例題などで繰り返し問題を解くことで対策をとることができます。

性格検査

性格検査はストレス耐性やコミュニケーション能力の有無など本人の性格をテストにより検査します。

その結果により、募集職種に適した人材かどうか判断されています。

企業が求めている人材を狙って答えたくなりますが、質問の中には類似した質問がいくつかあり嘘をついてしまうと辻褄が合わなくなってしまう場合があります。

性格検査では特に対策や嘘をつかずありのままを答えることが一番良いでしょう。

適性検査を実施する企業の目的は?

では次に、なぜ多くの企業が適性検査を導入しているのかご紹介します。

適性検査を実施する企業の目的として大きく2つ挙げられます。

社会人としての基本的な知識の有無の確認

新卒であれば社会人としてのマナーや専門的な知識はあまり重要視されませんが、一般的な知識をどのぐらい持っているのかを判断するために行います。

 

会社にマッチングする人材かどうか知りたい

面接ではどうしても面接官の主観的な評価になってしまいますが、適性検査では客観的な評価が可能になります。

会社の社風に合うかどうか性格検査を通じて見極めたいと考えています。

テスト形式

適性検査の形式は筆記テストとWebテストの2種類があります。

筆記テスト

筆記テストの場合、マークシート方式で出題されることが多く、基本的には受験先の企業内で行います。

能力テストのレベルは基礎学力程度が多いものの、問題数が多いため時間に気をつける必要があります。

また、効率的にマークシートを塗るために試験には鉛筆を数本用意しておくとよいでしょう。

Webテスト

Webテストは家や大学でのパソコンなどで受験することができます。

 自宅でのネット回線が悪かったり、落ち着いてテストに取り組めない環境の場合は、大学でのパソコンを使用すると良いでしょう。

あらかじめ電卓やメモ用紙なども準備しておきましょう。

適性検査の所要時間

適性検査の標準的な所要時間は能力検査・性格検査ともに各30分程度で実施することが多いです。

 

適性時間が1時間だった場合、能力検査(30分)と性格検査(30分)のセットで解くことが多いでしょう。

 

一問一問に時間をかけてしまうと足りなくなってしまうため、全ての問題が解けるように時間配分に気をつけましょう。

まとめ

多くの企業が導入している適性検査。

能力検査は、難易度はそれほど高くありませんが問題数が多いのが特徴のひとつです。

対策本は多く出版されているため、過去問などを解いて事前に対策をしておくことが大事になってきます。

また、性格検査では自分を良く見せようとせず、ありのままを答えるようにしましょう。

おすすめ記事

【履歴書】資格欄は何級から書ける?書く時の3つのポイント

【自己分析がわからない方必見】自己分析の3つのポイント

就活グッズ27選!!これだけ準備すればOK!