【履歴書欄の長所・短所の書き方】書く時の構成と3つの注意点

履歴書にほとんどある長所・短所の欄。

履歴書だけではなく面接でも聞かれることのある重要な質問です。

今回は、その長所と短所の書き方についてご紹介していきます。

企業が長所・短所を求める意図とは

冒頭でも述べたように、ほとんどの企業が履歴書や面接で長所・短所について聞いてきます。

では、企業が聞いてくる意図とはなんなのでしょうか。

会社で活躍できる人材か確かめたい

企業側の意図の1つとして、単純に長所と短所を知りたいということが挙げられます。

会社が求める能力を持っているか、致命的な欠点を持っていないかの確認をしたいと考えられます。

長所と短所によって相手が会社で活躍できる人材かを判断しているのです。

自分のことを客観的に見れているかを見たい

自分の長所と短所をきちんと理解できているかを判断されています。

客観的に見ることができ、自分の短所を素直に認められる人は自分の課題と向き合える人として評価されます。

嘘や誇張は、ばれますので本当のことを話しましょう。

自分の短所と向き合えるかを知りたい

単に長所と短所を知りたいだけではなく、自分の短所と向き合えているかを判断しています。

人には、必ず短所があります。

その短所を克服しようと努力している人は成長できる人だと評価されます。

そのため、自分の短所に向き合って、克服する努力をしているかが重要になってきます。

長所・短所の書き方

長所・短所を書く時、それだけ簡潔に伝えても、説得力がありません。

具体的なエピソードを加えることで、説得力を増すことができます。

さらに、その長所を会社でどう活かす、短所をどう克服したかを伝えると印象アップにもつながります。

実際に、履歴書に書く時の構成もご紹介します。

長所を書く時の構成

1.長所を簡潔に

2.長所が発揮された時の具体的なエピソード

3.仕事をする上でどのように長所を活かすか

短所を書く時の構成

1.短所を簡潔に

2.短所が出てしまう状況

3.短所によって起こってしまう問題

4.短所を改善するための取り組み

長所・短所を書く際の3つの注意点

次に、長所・短所を書く際の注意点についてご説明します。

下記の3点に気をつけるようにしましょう。

長所と短所は一貫性を持たせる

例えば、長所が「計画性がある」の場合、短所が「トラブルが起きた時に機転がきかない」だと一貫性があり、信憑性も増します。

自分の特徴を捉えた上で、プラスに働くもの、マイナスに働くものを書きましょう。

長所と思われるような短所は書かない

企業側の意図として、自分の短所と向き合えるかを知りたいと考えています。

「優しすぎる」など明らかに長所ともいえるような短所は、ごまかしと思われてしまいます。

自分の短所と向き合えていないと判断されてしまうため、気をつけましょう。

致命的な短所は避ける

「約束を守れない」「嘘をついてしまう」など働いていく上で致命的になる欠点を答えるのはやめましょう。

相手も、「大丈夫だろうか」と思ってしまい不採用になるリスクが高まってしまいます。

致命的でない、自分の短所を選ぶようにしましょう。

まとめ

長所・短所の書き方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

長所・短所そのもの自体も大事ですが、やはりその過程や具体的な経験談も重要になってきます。

履歴書は、最初から最後まで使われる重要な書類です。

書き方のポイントを抑えて、高評価な履歴書を作成してください。

おすすめ記事

【履歴書欄の趣味・特技一覧】趣味・特技がない就活生も大丈夫!

【履歴書】資格欄は何級から書ける?書く時の3つのポイント

【自己PR&志望動機】履歴書・エントリーシートの書き方