【封筒】正しい宛名の書き方と送付マナー

封筒の宛名や送付マナーで悩んだことはありませんか?

封筒は人事担当者が一番最初に目にする箇所です。

ちょっとしたことで、印象が悪くなり選考に影響が出てしまう可能性もあります。

履歴書を郵送する時もきちんとマナーがありますので、ご紹介します。

まずは準備しよう!

志望動機を考える女性

まずは履歴書を送る時に必要なものを準備します。

応募書類を事前に確認し、「忘れた」がないように揃っているかチェックをしましょう。

 

履歴書

証明写真は貼りましたか?誤字脱字がないかきちんと確認しましたか?

送る前に、最終確認をしましょう!

また、郵送する前に履歴書のコピーもとって起きましょう

 

履歴書の書き方はこちらを参考にしてみてください。

 

応募書類

履歴書以外に提出書類を求められた場合は、そちらも忘れないようにしましょう。

履歴書同様、エントリーシート等の書類は控えのコピーを忘れないようにしましょう。

 

送付状

書類を郵送する際は、送り状をつけましょう。

応募書類が履歴書の一枚だけでも必要です。

 

送付状の作成の仕方については、こちらの記事で紹介しております。

 

封筒

履歴書などの書類を折らずにすむように大きめのものを準備しましょう。

色は白色と茶色がありますが、白色のものを選びましょう。

学校の売店等で売っている場合もあります。

 

クリアファイル

書類を郵送するときは、透明のクリアファイルに入れてから送付するようにしましょう。

折り目がつかず、雨に濡れても書類が濡れにくい上、丁寧な印象を与えることができます。

必ず新品のものを使いましょう。

 

サインペン

封筒の宛名を書く際は油性の黒いサインペンを使いましょう。

太くて見えやすく、耐水性もばっちりです。

ボールペンや筆ペンなどは、細くて見えづらいため控えましょう。

 

書類を入れる順番

書類の順番

応募書類は、下記の順番で封入します。

1.クリアファイル

2.送り状

3.履歴書

4.その他書類

送り状は必ず書類の先頭に持ってくるようにしましょう。

 

封筒の書き方

字が汚くても丁寧に書くように心がけましょう。丁寧に書けば、多少文字が整っていなくても読みやすくなります。

バランスに自信がない方は、定規を使ったり鉛筆で薄く下書きしましょう。

封筒の書き方(見本)

 

表面

1.郵便番号を記入。郵便番号の記入欄がない場合は、封筒の右上に書きましょう。記入枠を書く必要はありません

2.住所は都道府県名を略さず、きちんと「○丁目○番○号」まで記します。建物名も書きましょう。

3.送付先の企業名は正式名称を封筒の真ん中のやや右に記入します。「株式会社」も、「(株)」のように略さないように記入しましょう。会社名と会社住所の高さはそろえます。

4.会社名や組織名が宛先の場合は、「御中」を付けます。

5.個人名がある場合は、社名には「御中」を付けずに、左隣に採用担当者の名前を「○○様」、個人名がわからない場合は「採用ご担当者様」と書きます。担当部署・課から書き始めましょう。担当者名は会社名の一文字下げて書きます。

6.左端に「応募書類在中」または「履歴書在中」と赤字で記入し、定規を使って赤い枠で四角く囲みます

 

裏面

7.裏面の左側には、自分の住所、大学名、学部学科、氏名を忘れずに記入します。

8.左上に投函する日付も記入しましょう。

9.書類や封筒に間違いがないか最終確認をして、最後にのりで封を閉じ、〆マークを書きます。

10.切手の料金に不足がないかを確認します。もし不安な方は郵便局で出しましょう

 

まとめ

まとめ女子

書類選考をする企業もあり、書類は重要な役割を担います。

適当に書いてしまうと、企業側にもそれが伝わり、やる気がないなと思われてしまいます。

気持ちを込めて丁寧に書き、選考を有利に進めましょう!

 

おすすめ記事

就活グッズ27選!!これだけ準備すればOK!

【自己PR&志望動機】履歴書・エントリーシートの書き方

【送付状の書き方】抑えたい提出書類のマナー

エントリーシートが通らない就活生必見!絶対にやってはいけない6つのこと