【自己分析がわからない方必見】自己分析の3つのポイント

自己分析

「自己分析って何からすればいいの?」と不安に思っている方も多いでしょう。

自分はどういう人間で、なにがやりたいのか。長所は? 短所は?

「自分」という人間を徹底的に掘り下げるという作業は実はなかなか難しいもの。

ただ、そこを避けていては、エントリーシートを始め、面接だって突破は厳しいでしょう。

ここでは、自己分析に取り組む際の3つのポイントをご紹介します。

しっかり自分と向き合って、自分という人間を知りましょう。

そもそも自己分析とは…?

自己分析中男性
自己分析とは、「自分を探る作業・自分を客観的に評価するための作業」です。

「どんな仕事が自分に合っているか」「どんな会社に就職したいか」「どんな仕事をしたいか」をしっかりと考える作業と言えます。

就職活動では、自分の長所や短所、特徴を把握し、「自分」についてを具体的にアピールできなければなりません。

「自分の得意分野とは?」「今後の自分の目標は?」等といった「自分」についてを突き詰めていく作業になります。

なぜ自己分析が必要なのか


企業は、たくさんの学生と面接をします。つまり自分の強みをいかにアピールし、印象に残す事こそが大切です。

自己分析がしっかりできていれば、企業を選ぶ際も「どんな仕事がしたいか」と明確な目標を持って就職活動を行えます。

また、エントリーシートを書く際にも自己分析は大変有効です。

就職活動といった短い時間の中で、本当に自分がしたい仕事、自分に合う仕事を見つける近道、それが自己分析です。

自己分析は一回で終わらない

自己分析男性
自己分析には、時間がかかります。一度自己分析すると、「これで充分」と終わらせてしまう学生も多いでしょう。

ですが、自己分析は一回だけでは決して終わりません。自分の長所や特徴、短所等をもう一度振り返り、軌道修正しましょう。

時間がかかり、手間だと感じるかもしれませんが、「いま自分がしたい事、興味がある事」を再確認し次のステップへ進めば、より良い就職先を見つける近道になります。

諦めずに何度も自分と向き合いましょう。

時間を意識した自己分析をしましょう

時間を意識しながら自己分析

「自己分析は、大変」とはいっても、長くダラダラとするのは、時間がもったいないです。

自己分析は3日間くらいで、集中して終わらせるようにしましょう。社会人になると、今まで以上に「時間」を意識して行動します。

学生の時から、時間への意識付けができれば、社会人になってからもきっと役立ちます。

自分の事を100 パーセント分かることは、そもそも不可能なのです。完璧を目指しても自己分析は終わりません。

なので、就職活動での自己分析は3日間くらいで大まかな骨組みを作り、あとは、就職活動していく中で軌道修正すれば、時間が無駄にはなりません。

自己分析の3つのポイント

ではさっそく、自己分析に取り組みます。

3つのポイントに気をつけて、自分がどういった人間なのか、分析してみましょう。

ポイント1. 自己分析は強みを見つけるだけではない!

自分の強みを見つける事だけが自己分析ではありません。

「私はこれに注力しました。」 「私はこんな人間です。」 「私はこうなりたいです。」

このように考えるだけが自己分析だと勘違いしている学生が多いようです。

やる気や向上心、意欲があるのは、当然です。しかし企業はそこだけを見ている訳ではありません。

これにプラスαを加えた自己分析が重要です。

せっかく時間をかけて自己分析をするのですから失敗に終わらないようにしましょう。

ポイント2. 「自分の大切にしている価値観」を考えましょう。

様々な観点から自分を捉えましょう。

いまの自分を客観的に見たり、これから自分がどうなっていきたいのかを考えましょう。

たとえば「他人から見た自分とは?」それをテーマに友人や家族に意見を聞いてみるのも方法のひとつです。

自分でできることからまずはスタートです。

例えば…
①「小さい頃から、外で遊ぶ事が好きだった。じっとしているより、動くのが好き。」

②「スポーツをずっとしてきたから、誰かと競い合うことに抵抗がない。」

③「周りに常に人がいた環境で育ったので、いつも誰かと一緒に行動したい。」

過去の自分を振り返り、どんな事に興味を持っていたか、夢中になっていた事は何か、アルバイトの経験から学んだ事など。

自分に起こった出来事を一つひとつ振り返っていくと、仕事と未来の自分を関連づけやすくなります。

これには、正解・不正解はありません。あなたに起こった事、すべてが価値観に繋がっているのです。

ポイント3. 将来の夢、理想の自分をイメージしてみましょう。

将来の夢
就職活動では、「やりたい事」を考えるのではなく、「できる事」を伝えられるようになりましょう。

そのために、自分の長所、短所、得意・不得意を洗い出し、明確にしていく必要があります。

「将来、自分は○○をしていたい。」「こんな社会人になりたい。」「社会に○○な影響を与えたい。」といった具体的な夢を持つのが大切です。

しかし、自分の欲求を満たす事だけを考えるのではなく、他人や、社会に価値を与えられる将来の自分を、イメージするようにしましょう。

具体的なイメージが湧かない人は理想の人や憧れの人を分析しましょう。なりたい自分や理想の自分像が見えてきます。

家族や友人から自分自身について聞き、周りからどのように思われているかを知る事も今後の自分をイメージする時に役立つかもしれません。

仕事・企業の見つけ方についてはこちらの記事でも紹介しております。

自己PRをしてみよう

自己PR
自己PR ってそもそも何かわかりますか?

ひと言で表すと、「企業に自分を売り込む事」です。

これまでの経験や成果から「自分にできる事」で入社後にどのような成果を上げられるか、という自分のセールスポイントを存分にアピールしましょう。

自分を売り込めるのは、自分自身だけです。ということは、自分にしかできない売り込み方がきっとあるはずです。

100 社企業があれば、100 通りの売り込み方法があります。

具体的なエピソードを添えて分かりやすく表現し、自分を採用すると企業にどんな良いメリットが生まれるのかを伝えましょう。

偽りの自分はすぐに見抜かれるので、気をつけてくださいね。

自分らしい自己PR になるようにまとめてみましょう!

●具体的なエピソードを持ち出してみよう

ただ単に、「向上心があります」といっても他の学生との差別化にはなりません。

自分のPR ポイントを裏付ける具体的なエピソードを持ち出しましょう。

「入社後の期待」より、「学生時代に何をしてきたから、○○に期待ができる」という点に重きを置く企業が多くなってきています。

●話の核をしぼろう

たくさん話そうとすると、話がまとまらず「結局何を伝えたいのだろう」という印象で終わってしまいます。

自己PR で、多くの事を伝える必要はありません。

何か一つ、自分が人よりも自信を持ってアピールできる事をピックアップして話しましょう。

その方が確実に相手に伝わり、印象に残ります。

●自分自身の言葉で表現を

「これ!」といえるPR ポイントがなくても大丈夫です。

話し方や、まとめ方を工夫してみるだけで印象は大きく変わります。

マニュアル通りに話す必要はありません。自分なりの表現こそが大切です。

履歴書・エントリーシートの自己PRの書き方についてはこちらの記事でも紹介しております。

まとめ

●自分がどういう人間・性格なのか。どういう資質・価値観をもっているのか、紙に書き出してみる。

●今までの自分の経験を踏まえた自分史を書いて、幼少期から今までどういった事が自分に起こったか紙に書き出してみる。

●自分史を書き出した中で、自分にとって影響が大きかったものをピックアップしてみて、それが今の自分にどのように繋がっているか、どのような影響を与えたかを考えてみましょう。

●最初に考えて出てきた性格や、資質・価値観が自分史で書き出して、どの年齢でどの経験からきているのかを考えてみましょう。

要するに…「今までの自分」が自己分析には、大きく関わってきます。

学生の間だけではなく、日常の何気ない経験が今のあなたをつくっているのです。

まだ、何も出来ていない、と思うのではなく、今のあなたの経験から自己分析をしていくと本当の自分に出会うことができます。

先輩体験談

先輩

本当の意味で「自分」を理解する

自己分析は、自分について考えることが必要とされています。

自分の経験を振り返ると、思い出したくない過去や嫌な経験と向き合わなければいけません。

ですが、そこで逃げ出してしまうと、本当の意味での「自分」を理解できません。

「自分の弱い部分、嫌な部分」を受け入れることで、良い自己分析ができるだけでなく、自分自身のスキルアップにも繋がります。

私は自己分析によって、嫌な経験と向き合いながら、実際に反省もしました。また色んな人と関わるうえで、より良い人間関係を築くこともできました。

就職活動の少ない時間の中で、自分に合う仕事を探すだけでなく、自分自信と向き合うこともできます。

気分転換しながら、自分に合う就職活動の方法・仕事を見つけてくださいね。応援しています。

おすすめ記事

【自己PR&志望動機】履歴書・エントリーシートの書き方

【自己分析】あなたの適職は?仕事・企業の見つけ方のポイント

【Uターン・Iターン就職】地元就職を成功させるポイント