【雨の日の就活対策】正しい傘の取り扱いマナー

就活をしていると、面接の日や説明会の日が雨の日になることはよくあるでしょう。

晴れの日だと気にしなくても良いことが、雨の日では気をつけなければならないことも出てきます。

そんな雨の日に気をつけたい注意点や傘の取り扱いのマナーについてご紹介します。

雨の日の注意点

晴れだと思っていたら突然の雨…。

スーツや大事な書類が濡れたり、公共交通機関が渋滞して遅刻したりなど、準備を怠ってしまうと、就活にも影響が出てしまいます。

そこで、雨の日に注意したいポイントを確認しましょう。

折り畳み傘を常備しよう!

突然の雨が降っても大丈夫なように、折り畳み傘は常備しておきましょう。

雨が降ったら買えば良いと思っていても、近くにコンビニがなかったり、大雨が降ると大事な書類が濡れる可能性もあります。

小雨の場合は、大きい傘を持つよりも何かと便利なため、鞄に入れておきましょう。

 

雨の日はいつもより早めに出よう!

雨の日は、渋滞が起きたり、急なアクシデントにあってしまう可能性が高くなります。

また、初めて会場に行く場合がほとんどですので、迷う可能性も大。

ピッタリに着くよりも、1時間程早めについて近くのカフェなどで待てるようにすると心に余裕が出てきますよ。

 

タオルは必ず持っておこう

濡れた手やスーツ・鞄を拭くことができ、玄関で身だしなみを整えることで面接官に悪い印象を与えずに済みます。

雨の日に限らず、タオルは必ず持ち歩くようにしましょう。

 

書類はクリアファイルに!

雨の日は、書類が濡れてしまい、文字が滲んでしまったり破れたりする可能性が高まります。

クリアファイルに入れることでよれよれになることを防ぎます。

普段からそうですが、特に大事な書類はクリアファイルに入れる習慣をつけましょう。

 

髪型の乱れに注意

雨に濡れたり、湿気を含んでしまうと、セットした髪が乱れてしまいます。

面接前や、会場についたら必ず身だしなみをチェックしましょう。

 

雨の強さによって普通の傘を使おう

折りたたみ傘は、いざ雨が降った時や持ち運ぶ時に便利ですが、時と場合によって普通の傘を使うようにします。

朝から雨が降っている場合は企業側が傘立てを用意していることが多く、豪雨の場合は折りたたみ傘ではカバーしきれないため普通の傘を使用しましょう。

強い雨が降っている場合は大きい傘を用意しましょう。

 

傘の選び方

就活中の傘はできるだけ落ち着いた色のものを選びましょう。

柄ものや派手な色の傘は就活においてふさわしくないので控えましょう。

ビニール傘はフォーマルなシーンには相応しくありませんが、一般企業の面接や説明会であればマナー違反にはなりません。

ビニール傘しかない方はビニール傘を使用しても問題ありません。

もし、黒系の落ち着いた色の傘があればそちらを使いましょう。

 

傘の取り扱いマナー

続いて、就活時における正しい傘の取り扱いマナーについて見て行きましょう。

 

雫をふき取る

濡れた手や傘はタオルでふき取ってから会場の中に入りましょう。

ポタポタと雫を会場の中で垂らしてしまうのはマナー違反です。

折りたたみ傘の場合は、袋に入れてから鞄にしまうと楽です。

 

傘はきちんと畳む

使用しないときは、きちんと畳むのがマナーです。

軽く雫を外で振り払ってから畳みましょう。

万が一、会場に傘立てがなく、面接会場に傘を持ち込む場合は鞄の向きに揃えておきます。

持ち込む際は、雫を垂たさないように振り払うだけでなくタオルで拭きましょう。

 

傘立てがあれば利用させてもらう

企業の傘立てを利用するのはマナー違反ではありません。

傘を会場に持ち込んで、雫を垂らしてしまうことの方がマナー違反になってしまいますので、傘立てを用意しているようであれば、利用させてもらいましょう。

 

まとめ

傘の正しい取り扱いマナーについてはご紹介しました。

雨の日は、傘の取り扱いや身だしなみなど気をつけるポイントが増えます。

タオルや折りたたみ傘など、あらかじめ準備できるものは用意しておきましょう。

 

おすすめ記事