【逆質問】何か質問はありますか?NGな質問例と対策

面接の最後でよく聞かれる質問。

多くの場合が、特に質問がなくそのまま終わるというような形ではないでしょうか。

そこで、最後の質問についての対策をご紹介していきます。

質問の意図

面接の後によく聞かれる「最後に質問はありますか?」の質問。

あなたはきちんと質問できていますか?

多くの人が、特にありませんと答えてしまっているのではないでしょうか。

企業は、この質問をすることで、就活生に伝えきれていないことがないか確認しています。

また、同時に就活生がきちんと企業に対して興味を持っているかも見ているのです。

 

逆質問への対策

この質問に対しては、できるだけ質問をするようにしましょう。

ここで質問したからといってもちろん合否に直結する訳ではありませんが、印象をつけれるチャンスでもあります。

事前にHPやナビサイトを見て、企業について深く知り質問をいくつか用意していきましょう。

説明会で聞ききれなかった場合は、説明終了後に直接企業のところへ言って聞いても良いでしょう。

 

悪い印象を与えてしまう質問例

質問した方が良いといっても、何でも聞いて良いものではありません。

質問によっては悪い印象を与えてしまう場合もあります。

そこで、悪い印象を与えてしまうNGな質問例をご紹介していきます。

事前に調べたらわかるような質問

×「事業内容を教えてください」

×「御社の強みは何ですか」

×「どのような商品を取り扱っていますか」

ホームページを見たら分かるようなものや面接で話したことを再度聞くことはやめましょう。

何も調べていない、聞いていないことをアピールしているようなものです。

事前にホームページやナビサイト、競合企業のホームページもしっかり読んで勉強しておきましょう。

 

仕事に対する興味が感じられない質問

×「残業はありますか」

×「有給はいつからとれますか」

×「年間休日はいくらありますか」

給与などの条件も大切なポイントではありますが、それだけの質問は控えましょう。

仕事や会社に興味がないのかなと思われる可能性があります。

また、求人情報に書かれている質問をしてしまうと何も見てないと思われマイナスイメージになってしまいます。

極力、仕事内容や企業に関することを聞くようにしましょう。

 

自信がないとみられる質問

×「勉強できる環境はありますか」

×「入社してから覚えれば大丈夫でしょうか」

×「ノルマが達成しなかったらどうなりますか?」

企業は自社で活躍してくれる人材を採用したいと思っています。

勉強するという姿勢の人材は欲しがりません。

自分が貢献できることを考え、前向きな態度を見せましょう。

 

面接官が答えられない・答えづらい質問

×「○○支社での勤務を希望しているのですが、○○支社の1日のスケジュールを教えてください」

×「開発部門希望なのですが、○○の研究機材について詳しく教えてください」

専門部署の人にしかわからないことは面接官に聞くべきではありません。

その後の話の発展につながりにくく、せっかくのアピールできる場が無駄になってしまいます。

 

逆質問のポイント

次に、逆質問する際のポイントをご紹介していきます。

適度な長さにして具体性を持たせる

短く、抽象的な質問は避けるようにしましょう。

いくら聞きたい内容であっても、短すぎては良い印象にはつながりにくいです。

主観的な意見を取り入れた上で、適度な長さで質問をしましょう。

×「将来はどうですか」

○「御社では今後○○の業界へ参入も予測され、より一層質の高いサービスが求められると考えています。今後はどのような新しい取り組みをお考えなのでしょうか。」

×「やりがいはありますか」

○「最も仕事で達成感を感じられる瞬間はどんな時ですか」

 

アピールしたいことを取り入れる

自身のアピールしたい意欲や資質、長所を取り入れた質問も準備しおくようにしましょう。

○「御社では○○の資格は最低限必要ですが、その他に勉強していれば今後役に立つ資格があれば教えてください」

○「誰とでもすぐに親しくなれるのですが、御社の社内の雰囲気を教えていただけますでしょうか。」

 

5つ以上質問を用意していく

面接の中で質問の答えが出たり、説明されたりする場合もあるため、いくつかの質問を準備しておきましょう。

面接の流れを読み、その場に適した質問を選ぶことも大切です。

最終面接の対策については別の記事で紹介していますよ。

 

まとめ

逆質問で良い質問をするポイントは『事前準備』です。

ありきたりな質問ではなく、会社のホームページをしっかり見てその企業に合った質問をしましょう。

また、面接官に答えてもらったのに対して「はい」「そうですか」など簡単な相づちを打つと、「本当は興味がないけど逆質問のために質問してきた」と悪い印象が付いてしまいます。

話を聞いたあとは「勉強になりました」「御社で働くイメージがつきました」等、感想やお礼を述べましょう。

 

おすすめ記事