公務員志望の学生のための就職活動の進め方

公務員の仕事が気になるけど、どのように就職活動を進めれば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。

実際、公務員を志望した場合、民間企業のスケジュールとは異なります。

そこで、公務員を志望している学生向けに就活をどのように進めたら良いのかご紹介していきます。

公務員とは

公務員とは、国や県・市など公共のために働く職業を指し、全国には約333万人が公務員として働いています。

営利を目的としないということが民間企業との大きな違いであり、国民や地域住民のために暮らしを支えます。

また、公務員になるためには、公務員試験を受験し合格する必要があります。

受験する種類にもよりますが公務員試験は難易度や倍率が比較的高いため計画的に進める必要があります。

 

国家公務員と地方公務員の違い

公務員は国家公務員と地方公務員の2種類に大きく分類されます。

国家公務員は国家公務員試験を受験する必要があり、採用先は国の機関であり中央官庁や出先機関で主に働きます。

また地方公務員は地方公務員試験を受験する必要があり、採用先は採用された地方の地方自治体で主に県庁や市役所などで働きます。

他にも、国家公務員は全国転勤を伴いますが、地方公務員は転勤の範囲が限られるなどの違いがあります。

 

公務員にはどんな仕事があるの?

国家公務員

国家公務員は各機関の管轄する分野のスペシャリストとして活躍します。

国家単位の仕事に携われるということが最大の魅力です。

【職種】1府12省職員、国税専門官、財務専門官、裁判所職員、労働基準監督官、国会職員など

地方公務員

地方公務員には上級・中級・初級に分かれており、それぞれ役割や昇進スピードに違いがあります。

試験の難易度も異なり、上級は大卒程度、中級は短大・高専卒程度、初級は高卒程度となっています。

【職種】行政職、技術職、公安職、心理職、その他の専門職

 

公務員試験のスケジュール

では公務員を志望した場合のスケジュールを見ていきましょう。

公務員スケジュール表

民間企業とはスケジュールが異なり、公務員試験もあるため早めの段階から勉強に取り組む必要があります。

12月から3月にかけて、ほとんどの公務員試験の日程が公開されていきます。

国家公務員は秋頃まで、地方公務員は年末までには合格発表がされるでしょう。

上記のスケジュールはおおよそのものであり、地域や職種によって異なります。正式な情報は市町区村などのホームページを確認してみましょう。

それまでに、過去問などを確認し、出題の傾向に沿った勉強に取り組んでいきましょう。

 

民間企業と併願は難しい?

公務員志望の学生の悩みの1つとして、民間企業との併願をどうするべきかという点があるかと思います。

多くの公務員志望の学生は公務員試験に落ちた場合の保険として民間企業の就職を考えているのも確かです。

スケジュール的には公務員と民間企業の就活併願できないということはありませんが、公務員試験に合格するためには長期間、勉強しなければいけません。

もちろん、民間企業を受ける場合も企業研究や面接対策など念入りな準備と対策が必要です。

併願によって、対策が疎かになりどちらも失敗する可能性もあるため、公務員と民間企業を併願する場合は、綿密なスケジュール管理をする必要があります。

もし併願をする場合は、早い段階から取り組み、優先順位を決め、最悪の結果にならないように最善をつくしましょう。

 

まとめ

公務員の情報は民間企業に比べ収集できる情報量が比較的少ないです。

そのため、どんな仕事があるのかなど職種や仕事内容について比較して研究する必要があります。

インターンシップを募集していることもありますので、積極的に参加をしてみましょう。

ジモフェスではインターンシップの合同説明会も開催しています。

直近のイベントを探してみましょう!

 

おすすめ記事

インターンシップに参加する目的と3つの選び方 

【2020年卒向け就活スケジュール】就活を失敗させないためには!?

合同説明会に参加するときの服装と持ち物は?