エントリーシートが通らない就活生必見!絶対にやってはいけない6つのこと

エントリーシートがなかなか通らない…。

そこで悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか。

書類選考がなかなか通らないのは、何か原因があるはずです。

まずは、自分のエントリーシートを見直して、原因を探してみましょう。

絶対にやってはいけないエントリーシートの落とし穴

 

エントリーシートは就活の第一関門とされています。

ここでつまづいてしまうと、面接にすらいけずチャンスを多く失ってしまうことになります。

なかなか書類選考が通らない就活生は、まずは自分のエントリーシートを見直してみるようにしましょう。

 

誤字脱字が多い

誤字脱字が多いと、読みづらくなってしまい、せっかく良いことを書いていても内容が入りません。

最後に見直したつもりでも、急いでいるとついつい誤字脱字を見落としてしまいます。

手書きでもPC入力でも、完成したものはもう一度自分の目で見て確認するようにしましょう。

 

字が雑

数をこなそうと思い、ついつい急いで雑に書いてしまっていませんか?

字がキレイか汚いかの問題ではなく、丁寧に書いているかがポイントです。

行間や文字のバランスなども意識して、相手が読みやすいよう丁寧に書くようにしましょう。

エントリーシートは、数ではなく質が一番重要になってきます。

 

空欄や余白がある

何を書けばよいか悩んだ結果、質問事項を埋めずに空欄のまま提出してしまっていませんか?

また、文字数が少なく余白ができてしまっているのもよくありません。

項目で空欄や余白があると、企業側は志望度が低いのではないかと思われてしまいます。

まずは、空欄や余白を埋めることから意識しましょう。

 

質問と回答がずれている

聞きたいことに対して答えていないと、通るエントリーシートも通りません。

まずは、質問をしっかりと把握し、何に対して答えるのかを理解しましょう。

また、最後にも質問と回答がずれていないかを見直しましょう。

 

文章がおかしい

文章が長すぎたり、おかしかったりすると読みづらくなってしまいます。

下記の点を意識して、文章がおかしくなっていないかチェックしましょう。

・文章が長すぎる場合は適切なところで区切る

・主語と述語をなるべく近くに置く

・主語と述語は省略させない

・修飾語と修飾される語近くに書き関係をはっきりさせる

・略語は使わない

・「です・ます調」と「だ・である調」を混ぜて使わない

・二重敬語を使用しない

 

正しい敬語の使い方について、別の記事でも紹介しておりますのでご参考ください。

 

 

一貫性がない

アピールしたいことが多い場合、内容に一貫性がなくなってしまうことがあります。

そうなってしまうと、ただ良いところを言いたいだけという印象になってしまいます。

一貫性を持たせるためには、エントリーシートにおける自分の強み・長所は最大2つまでに抑えましょう。

 

 

人事担当者に受けるエントリーシートの書き方

先ほど、エントリーシートでやってはいけない点をいくつか述べましたが、次に人事担当に受けやすいエントリーシートの書き方のポイントをご紹介します。

 

自己PR

自己PRを書く際は、まず最初に結論(強み・長所)を持ってきましょう。

そこから、それを証明する具体的なエピソードを書き、最後にその強みをどう志望企業で生かしていくかを持ってきます。

自分の強み・長所だけを話して終わらせず、入社後に何ができるのかまでつなげれるようにしましょう。

数字を使うとより説得力が増し、PRができます。

 

志望動機

志望動機は具体的だと説得力が増します。

ありきたりな内容ではなく、あなただけにしかないエピソードを踏まえ志望動機を書くことが大事なポイントです。

志望動機を書く際は下記の内容を入れるように注意しましょう

・企業を志望する理由

・志望理由の元となるエピソード

・同業他社ではなく、ここを選んだ具体的な理由

・どのような形で企業に貢献できるのか

 

自己PRと志望動機の書き方についてはこちらの記事でも紹介しております。

 

まとめ

エントリーシートは就活生が誰しも悩むところだと言えます。

文章と内容の両方がエントリーシートでは重要となります。

自己PRや志望動機は、エピソードを踏まえ、できるだけ具体的に書くことが重要です。

そして、相手が読みやすいように意識することも大事です。

煮詰まったら自分ひとりだけで考えるのではなく、第三者にも見てもらって率直な意見をもらうのもいいよいでしょう。

 

おすすめ記事