【面接を控えている就活生必読!】よく聞かれる質問20選とその対策

就職活動には必ず面接があります。

質問に対する回答を一言一句覚える必要はありませんが、

面接対策をしっかりして、面接を突破しましょう!

よく聞かれる質問20選

企業によって面接での質問は違います。

しかし、どの企業でも必ず聞かれる質問やよく聞かれる質問もあります。

事前に調べて対策をしておきましょう。

 

1.自己紹介をお願いします。

面接の一番最初に聞かれることが多いです。

そのため、第一印象もこの質問で大きく変わります。

「元気がない」「やる気がない」と誤解されないようにハキハキと話すことを意識しましょう。

自己紹介は自己PRする場ではありません。

必要な情報である「大学・学部・学科名」「氏名」「趣味・サークル・ゼミなど」「あいさつ」を簡潔にまとめて伝えましょう。

また、自己紹介をスムーズに言えるように練習しておくと良いでしょう。

例:●●大学●学部●学科の●●と申します。
大学では●●を専攻しており、企業の経営戦略について学んでおりました。
本日はよろしくお願いいたします。

 

2.当社を志望した理由は何ですか?

選考では必ず聞かれる質問です。

「企業への熱意」が問われる非常に重要な質問です。

自分のビジョン」、「そのビジョンを抱いた理由」、「なぜその企業なのか」の3点を踏まえると、説得力のある志望動機になります。

 

3.自己PRをお願いします。

自己PRはほとんどの面接で聞かれることが多いです。

ここでは「人柄」を見られます。

いかに自分を売り込めるかが重要になってきますので、しっかり自分をアピールしましょう!

 

4.他社の選考状況を教えてください。

意外と聞かれるのが他社の選考状況です。

この質問の意図は、他にどの企業を受けているかを聞き、学生の企業選びの軸を知ろうとしています。

また、内定を出すかどうかの判断基準にもしています。

一貫した企業選びの軸を示せるように答えましょう。

嘘をつく必要はありませんが、落ちた企業はわざわざ言う必要はありませんよ。

 

5.学生時代に最も打ち込んだことはなんですか?

こちらの質問も面接で聞かれるがほとんどです。

重要なのは活動自体ではなく、活動を通じて自分の人柄や可能性を伝えるようにアピールすることです。

概要→動機→課題→行動→結果→成果

の順で構成するとより良い「学生時代に打ち込んだこと」を伝えることができるでしょう。

 

6.サークル・部活動経験について

どんなサークルに所属していたのかを端的に答えましょう。

解決した問題やあなたの役割、あなたがどのように活動したかを答えられるようにしておくとよいでしょう。

入っていない人は入っていないと答えて大丈夫です。

「その代わり○○に力を入れてきました」と答えましょう。

 

7.入社後にやりたい仕事は?

仕事内容への理解度、ミスマッチがないか、仕事に対する価値観を確認するための質問です。

業務や仕事の内容を理解していないとなかなか答えられません。

最低限、職種・部署・具体的な仕事内容は答えられるようにしておきましょう。

過去のエピソードから語れると、より説得力が増します。

 

8.あなたの長所は何ですか?

あなたが、企業で活躍できるかを確かめたいという意図があります。

重要なのは、企業が求めている人物像に合致するかどうかです。

会社ごとに求めている長所は違うため、企業が求めている長所を理解した上で、それにあったものをアピールする必要があります。

また、長所を伝える時は、長所を発揮したエピソードと一緒に伝えましょう。

 

9.第一志望ですか?

第一志望の場合は素直に「はい」と答えましょう。

問題は第一志望でない場合です。

学生は本当のことを言うべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

しかし、内定が欲しいのであれば「はい」と伝えましょう。

複数内定を持っている学生も少なくはないですが、万が一断る際は、誠意を持って素直に謝りましょう。

 

10.就活の軸は何ですか?

自分なりの就職活動の軸があるかどうか、もしくは学生の仕事の価値観がマッチするかどうかを確認することを意図しています。

どの企業にでも通ずるような軸や「研修制度がよい」などの受身での軸は評価されません。

「やりたいこと」に基づいた軸を伝えるようにしましょう。

そして、なぜその「軸」なのかもあわせて伝えるようにしましょう。

 

11.自分の短所は何ですか?

人は誰しも短所を持っています。

短所について話す時は、短所を正直に答え、「なぜこのままではいけないのか」という問題意識を伝えたうえで、短所を克服する改善案を考えて一緒に伝えましょう。

短所があっても、それをどのように克服しているかを伝えると、成長できる人間であると伝えることができます。

嘘を言う必要はありませんが、業務遂行上、致命的でないものを伝えましょう。

長所と短所についての答え方について別の記事で詳しく紹介しております。

 

12.挫折・失敗経験について教えてください

このときに単なる挫折経験だけを話してはマイナス評価だけになってしまいます。

企業が知りたいのは、あなたが挫折・失敗体験に対してどのように向き合って克服したかどうかです。

挫折にどう向き合ったか、そこから何を学んだかを重点的に話しましょう。

 

13.最近気になるニュースは何ですか?

一番お勧めなのは、志望している企業や業界に関連しているニュースです。

もし、目新しいニュースがなければ経済のニュースについて話しましょう。

●結論→理由→意見(そのニュースがどのような影響を与えるか等)

上記の構成を守って話すとわかりやすく答えることができます。

 

14.時事問題について

面接官から○○についてどう思いますか?と質問されることもあります。

面接で聞かれるニュースについては、専門的なものやマイナーなものではなくビッグトピックのものが多いため必ず答えられるようにしましょう。

自分の意見と、その問題が今後どのような影響を与えるかも答えられるようにします。

もし、わからない場合は、ごまかしたり濁すのではなく勉強不足だと伝え、素直に謝りましょう。

 

15.アルバイトを通じて学んだことを教えてください

単なるアルバイトでも、何かを学んでいる人は、社会人になっても成長してくれると感じます。

まずは、アルバイトを通じて学んだことを答えましょう。

そこから、アルバイトでの目標・課題について話し、具体的にどのような行動を取ったのか、行動の結果どうなったのかについて話します。

結果よりもプロセスを重視して話しましょう。

 

16.あなたの趣味は何ですか?

なぜその趣味が好きなのかも話しましょう。

嘘をつく必要はありませんが、ネガティブな趣味は控えましょう。

企業は趣味を通してあなたの人柄を知りたいと思っています。

あなたの価値観につながっている熱く語れる趣味を話すことがポイントです。

 

17.自分を動物に例えると?

定番の質問は学生がしっかりと対策を行っている場合が多く、学生の本質が見えづらいためこのようなトリッキーな質問をすることで学生の人柄を知ろうとしています。

いざ聞かれたときに機転が利く学生だととらえてもらえるように、このような質問にも答えれるように対策をするとよいでしょう。

自分の長所を考える→その特徴を持った動物を考える

このような流れで考えると、自己PRにつなげやすいですよ。

 

18.業界の志望理由は?

企業の志望理由を準備されている人は多いと思いますが、業界の志望理由を準備している人は少ないのではないでしょうか。

企業は、本当にその業界に興味があるか、熱意を確かめようとしています。

業界の志望理由を考えるには、他の業界だとダメな理由を考えると上手にいきます。

過去の経験を基に話すと説得力が増しますよ。

 

19.あなたのキャリアプランについて教えてください

他にも、「5年後にどうなっていたいか」「将来の夢は」など、将来について聞かれることも多いです。

この質問には、あなたの将来のイメージと企業にミスマッチがないかを確認したいという意図があります。

企業の経営方針と上手く一致したものを答えましょう。

より具体的なプランを説明して、志望意欲を見せることが必要です。

 

20.最後に質問はありますか?

面接の最後に聞かれることは多いため、事前に準備していきましょう。

「特にありません」と答える学生は多いですが、ここでも企業に対して興味を持っているかを判断されます。

「調べたらわかること」、「すでに人事が話していること」は控えましょう。

面接官の考え方など、相手のことをしっかり調べたけど、それでもわからないことを質問することがポイントです。

採用ページなどをしっかり熟読してあらかじめ質問を用意しておきましょう。

 

まとめ

面接では定番なものからユニークなものまで様々な質問がされます。

予想外の質問にも答えられるよう日頃から企業研究や面接対策を行う必要があります。

しっかりと企業研究をして、面接に備えましょう!

 

おすすめ記事