【面接の持ち物】これだけは持っていきたい持ち物リスト

面接に行く時の持ち物は意外と忘れがちになり、前日や当日になって焦ったりしませんか?

面接対策はもちろん、忘れ物がないよう事前にしっかりと準備しておきましょう。

必須の持ち物リスト

A4サイズの書類が入る就活カバン

履歴書・エントリーシートを持参する時はもちろん、企業から書類を受け取った時に折らずに持ち運びができるので就活カバンはA4サイズのものがおススメです。

また、面接会場では椅子の横にカバンを置くため、自立するタイプのものが良いでしょう。

 

会社のパンフレットなど

会社の案内や求人情報が書かれてあるパンフレットや企業説明会を聞いたときの就活ノートやメモなどを準備しておきましょう。

どんな内容を話していたか忘れないように、会社の情報や説明で聞いたメモ書きなどを持参しておくと事前に予習ができるため安心です。

 

履歴書・エントリシートのコピー

面接では履歴書やエントリーシートに記載されている項目にあわせて質問されることが多くあります。

企業に合わせて自己PRなどを変えている方は特に注意が必要です。

面接の前には履歴書・エントリーシートを見直してどんな内容を書いたか復習しましょう。

 

現金

ICカードやクレジットカードを持っていたとしても、ハプニングでタクシーを利用する場合もあるかもしれません。

タクシーではクレジットカードが使えない場合もありますので、万が一に備えて現金を余分に持っておきましょう。

 

携帯電話

面接時に遅れそうなどの緊急時には担当者に連絡する手段として必要になります。

担当者の連絡先はいざという時のために、電話帳などに登録しておきましょう。

また、地図アプリを入れておけば会場までのルートや乗り換えなども調べておくことができるので安心です。

ただし面接中は、マナー設定にしバイブや着信音が鳴らないようにしておきましょう。

 

腕時計

普段、時間の確認をスマートフォンで行っているという方も多いかとは思いますが、面接の場でスマートフォンを出すのはマナー違反と認識している人事担当者もいます。

就活中の時間確認は腕時計で確認するようにしましょう。

 

筆記用具・スケジュール帳

面接当日に、適性検査や筆記試験がある場合は筆記用具を忘れずに持参しましょう。

試験がなかったとしても、次回の面接日程を伝えられる場合もあるため、予定がわかるものやメモできるものも一緒に準備しておくと良いしょう。

 

ハンカチ・ティッシュ

身だしなみの基本として持ち歩きましょう。

ハンドドライヤーのないトイレから濡れた手で出てくることがないようにしましょう。

 

できるだけ持っておきたい持ち物リスト

身分証明書

入館の際に身分証明書の提示を求められる場合があります。

学生証や運転免許証など念のため持っておきましょう。

 

印鑑

面接時に交通費が支給される場合、捺印で印鑑が必要な場合があります。

また、書類の印鑑の捺印漏れがあった場合、その場で押すことができます。

念のため持っておくようにすると安心です。

 

折り畳み傘

急な雨に濡れてしまわない様に準備しておきましょう。

 

化粧直しの道具(女性)

化粧がくずれたとしても対応できるようにお化粧直し用の道具を持っておきましょう。

手鏡も持っていると身だしなみの確認ができます。

 

替えのストッキング(女性)

外出先でストッキングが伝線して困ったという方もいるのではないでしょうか。

近くにコンビニがあれば買うことができますが、近くにコンビニがない時に備えて事前に替えを持っておくと安心です。

 

まとめ

面接当日は緊張して不安になることが多いかと思います。

持ち物の準備は前日に済ませ、面接本番に臨むようにしましょう。

 

おすすめ記事

【面接】風邪を引いた時のマスクはNG?

就活グッズ27選!!これだけ準備すればOK!

説明会で服装自由と言われた時の服装

【面接編】就活生が気をつけるべき7つのマナー