【面接】風邪を引いた時のマスクはNG?

日本では、花粉症や風邪、予防などでマスクを普段から着用することも増えてきています。

また、表情を隠すためや理由もなく習慣として着用するなどマスクの使用率も増えています。

果たして、面接でのマスク着用はマナー違反なのでしょうか。

 

面接でのマスク着用はマナー違反!?

近年では、マスクの着用が体調不良のためだけではなく、風邪の予防や表情を見せないため、もしくは理由もなく着用する人も増えてきています。

面接でのマスク着用は果たしてNGなのでしょうか?

結論から言うと、花粉症や風邪だとしても面接でのマスク着用はマナー違反とされておりNGです。

その理由としては、何かしらの悪い印象を与えてしまうためです。

ではその理由とは何なのでしょうか。

 

マナー違反の理由とは

面接でのマスク着用がマナー違反とされているのは大きく2点理由があります。

 

表情が隠れる

マスクをすると顔の半分が隠れることになり、表情が分かりづらくなってしまいます。

人間は会話の中で、相手の表情を見ながら様々なものを判断します。

しかし、表情がわからないとその情報が減り不信感が高まってしまいます。

表情がわからないことで印象においても不利になってしまうのです。

 

声が通らない

マスクをして話すと、声がこもってしまい相手に自分の声が届かなくなってしまいます。

人間は声が聞こえなくても、相手の口の動きで話していることを判断することができますが、マスクをしていてはそれもできなくなってしまいます。

どんなに良いPRをしても伝わらない可能性があるため、マスクの着用は避けた方が良いのです。

 

 

着用しないといけない時の対策

 

就活では体調管理は基本的な点であるため、体調を崩すこと自体があまり良い印象にはつながりません。

しかし、面接官も人間であるため体が弱い人や体調を崩してしまう人がいることを理解しています。

きちんと状況を伝え、相手に納得してもらうよう努力することが大事になってきます。

 

事前に相談をする

面接当日、どうしてもマスクを着用しないといけない時は、事前にひとこと声をかけるようにしましょう。

一声かけるのとかけないのとでは印象が全く違います。

面談の前に、電話か受付の方に「風邪気味で皆様にうつしてしまう訳にはいきませんので、マスクの着用をお許しいただけませんでしょうか」など一言かけるようにしましょう。

 

 

スケジュール変更の相談

マスクを着用しないといけない程の体調不良であれば、スケジュール変更の相談を事前にしましょう。

面接日時の再調整はマナー違反ではありません。

マスク着用して面接に臨むぐらいなら、電話して面接の日程を調整してもらう方が良いでしょう。

また、体調不良のまま面接に臨んでも良い結果にはつながりにくいでしょう。

 

「体調が管理できない」と印象が悪くなる可能性はありますが、マスクを着用して面接に臨むよりは日程を調整してもらうようにしましょう。

スケジュールを変更する際は、その理由と思いやりのある一言をきちんと述べましょう。

 

まとめ

就職活動中はストレスが溜まりやすく、体調も崩しやすくなってしまいます。

面接でマスクをする必要がないように、少しでも日頃から体調管理に気を配ってみましょう。

睡眠をしっかりとり、万全な体調で面接に臨むことで本来の力が発揮でき良い結果につながるのではないでしょうか。

 

 

おすすめ記事