【内定式はいつ開催?】内定式の一般的な時期と流れとは

内定を獲得し、就職活動が無事終了。

その後、内定をもらった企業から内定式へ招待されるでしょう。

しかし、「内定式っていつ?」「何をするの?」など、内定式について理解していない人は多いのではないでしょうか。

内定式は就職前の大事なイベントの1つのため基本的には参加しなければいけません。

まずは一般的な時期や流れについて知っておきましょう。

内定式とは

内定式とは、内々定を出している学生に対して、正式に内定を出す式のことをいいます。

企業が採用する意思を伝えることと、学生の入社意思を確認するために行われます。

そのため、内定式に参加するということは、その会社に入社するという意思表示をしたことになります。

ただし、参加しなかったからといって内定が取り消され入社できないという訳ではありませんよ。

 

内定式の一般的な開催時期

経団連では「正式な内定日は、卒業・修了年度の10月1日以降とする」と定められています。

そのため、多くの企業が内定式を10月1日に実施しています。

また内定通知書を受け取った多くの学生は、厳しい就職活動を終えたという開放感から入社するまでの期間にハメを外しがちになります。そういった気持ちの中だるみを防ぐという意味でも、良い時期といえるでしょう。

近年では、就活期間が狭まり内定式前後に内定辞退者もいることから春頃に開始する企業も増えてきています。

中には、内定式を執り行わない企業もありますので、確認する必要があります。

 

内定式の流れ

では、実際に内定式ではどんなことが行われるのでしょうか。

内定式は一般的に、下記のことが行われます。

①社長・役員からの挨拶

社長や役員からの挨拶は、ほとんどの会社の内定式で行われます。

社員全員が同じ目標に向かって進むために、会社の経営方針やビジョンを話されるでしょう。

 

②内定書授与

内定授与式では採用内定書を受け取り、企業へ内定承諾書を提出します。

時間短縮のために、事前に内定書を送付され、捺印して持参する場合もありますので、その場合は忘れずに持参しましょう。

 

③内定者自己紹介

内定式当日は内定者同士で簡単な自己紹介をする場合があります。

会社によっては役員の前でする可能性もありますので、事前に考えておくと安心です。

自己紹介では、名前・大学・学部の3点を必ず述べ、最後に意気込みや自己PRなどを簡潔に話すと良いでしょう。

 

④内定者懇親会

内定式自体は、内定書授与式で終了しますが、そのままオリエンテーションや懇親会、食事会などが行われることが多いでしょう。

同期だけではなく、先輩社員も多く参加するでしょう。

入社後、上司になる社員もいる可能性がありますので、

研修を兼ねている場合もありますので、気を引きしめて取り組みましょう。

 

まとめ

内定式の開催時期や内容について少しでも理解することができましたでしょうか。

内定式は学生にとっても企業にとっても重要なイベントです。

企業によって、スケジュールや内容は多少異なりますが、基本的には近いものと考えてよいでしょう。

気負いする必要はありませんが、学生ではなく、あくまで社会人としてマナーには気をつけて参加しましょう。

 

おすすめ記事