【内定と内々定の違いとは】内定をもらう前に知っておこう!!

就活をしていると耳にする内定と内々定…。

あなたは内定と内々定の違いがわかりますか?

この2つの違いについてご紹介していきます。

内定とは

就活における内定とは、「入社日から労働の権利と義務が生じる」という正式な労働契約です。

企業が学生に「採用通知書」を送り、学生が「入社承諾書」を提出することによってこの労働契約は成立します。

つまり、4月1日からは社員として働きますという契約であり、これを受託した時点であなたは企業の一員となります。

経団連では「正式な内定日は、卒業・修了年度の10月1日以降とする」とされているため、多くの企業の内定式は10月に実施されます。

 

内々定とは

内々定とは、内定を出しますよという口約束のものであり、法的な拘束はありません

正式な内定日は卒業・修了年度の10月1日以降のため、それ以前の採用通知は全て内々定といっていいでしょう。

書面で交わすことはほとんどなく、口頭やメールで伝えられることが多いです。

企業側、学生側も内々定を辞退・取り消しすることはできますが、企業側が内々定を撤回することはほとんどないといって良いでしょう。

 

内定と内々定の違い

内定と内々定の違いは、労働契約の有無と法的な拘束力にあります。

内々定は、労働契約が交わされておらず法的拘束は発生しないため、学生も企業も自由に取り消すことができます。

ただし、正当な理由がなく内々定を取り消すことは企業のイメージを損なうことになりかねませんから、企業が簡単に内々定を取り消すといったことはないでしょう。

内定を承諾した場合、労働契約を結ばれているため学生に対しても法的な拘束力は発生します。

とはいっても、労働契約は労働者側から2週間前に申し出れば解約できると定められているため、実質的には学生に対しては強い拘束力は発生しません。

ただし、万が一内定を辞退する場合は、企業への配慮も考え、マナーを守って対応することが大切です。

 

内定を取り消される可能性はある?

企業が内定を取り消す可能性はほとんどありませんが、問題が発生した場合、内定が取り消される可能性があります。

学生側の問題

企業からの内定取り消しが認められるのは、採用するまでに知りえなかった事実が採用後に明らかになり、さらに客観的に見て合理的な理由の場合にあたります。

具体的な内定を取り消されるケースは下記のものがあります。

犯罪行為が判明した場合

・ケガや病気で働ける状態ではなくなった場合

卒業できなかった場合

学生が内定を取り消されるケースが多いのは、単位が足らず卒業ができない場合です。

自身の不注意による内定取り消しもあるため注意が必要です。

 

企業側の問題

基本的には、内定を出した後、企業側が内定の取り消しを行うことはありません。

あるとすれば、新卒を採用できない程、経営状況が悪化してしまった場合にあたります。

天災やリーマンショック並みの恐慌が起きてしまった場合は、やむを得ないとされることが多いでしょう。

 

まとめ

内定と内々定の違いについて理解できましたか?

大きな違いは、契約が結ばれ法的な拘束になるかどうかです。

正しい知識を持つと未然にトラブルを防ぐことができるかもしれません。

内定を取り消されることは、ほとんどないと言っていいですが、内定をもらった後も十分素行には注意しましょう。

 

内定がもらえる学生ともらえない学生の違いについても紹介しておりますので、参考にしてみてください。

 

おすすめ記事