【インターンシップ】参加する意味と基本的な流れ

インターンシップ受入企業は年々増加中ということを知っていましたか?

それは地元の企業も同様のことが言えます。

参加する意味は?参加するための準備は?基本的な点をお教えします!

インターンシップとは?参加する意味って?

インターンシップとは、学生が一定期間企業で働く職業体験のことを指します。

インターンシップは大きく3つの種類に分けることができ、それぞれ参加する目的も変わってきます。

企業により期間や内容も変わってくるため理解して参加することをおすすめします。

 

セミナー型

期間は1日限定のものから数日のものが多いです。

これは、職業体験というより、企業の紹介や簡単なグループワークが多くなってきます。

そのため、何か経験やスキルを身に付けたいと思っている人には非効率的かもしれませんが、その企業や業界に入りたいと考えている方就職したい企業や業界をざっくり決めたい方にはオススメです。

 

ワークショップ型

期間は1週間から1ヵ月ぐらいのものが多いです。

インターン生数名でグループをつくり、実際の実務に近いグループワークやディスカッションなどを行います。

内容は、「自社の新規サービスに考えてプレゼンテーションをしてください」や「新規出店の候補について議論してください」など、企業によって様々です。

就活前に、経験が積めたり、他の就活生と知り合って情報交換ができるのもメリットの1つです。

 

実務型

期間は1ヵ月以上と長期間の場合がほとんどです。

実践的な職業体験で、内容は雑務のみの場合や、ほぼ社員と変わらない業務まで任されるなど企業によって異なります。

実務型は報酬をもらえることが大半です。

社員の方と一緒に行うことでマナーや責任感、スキルなどを身に付けることができます。

やる気によっては、即戦力の人材になることもできるため、この経験を就活に活かすことができます。

 

インターンシップを選ぶポイント

もし、あなたが志望している企業があれば、優先してインターンシップに参加するようにしましょう。

もし、志望している企業が複数あれば、プログラムの内容で決めるのもいいでしょう。

志望している企業がなければ、興味がある業界を選びプログラムの内容で決めましょう。

その場合は、複数参加できる短期型のものを選ぶといいかもしれません。

インターンシップの探し方、選び方につい別の記事でも紹介しています。

 

インターンシップの基本的な流れ

時間を意識しながら自己分析

1.参加申込

各種サイトや学校の就職課などでインターンシップの開催情報を入手し、業種・職種・内容・開催時期などを踏まえ、参加申し込みをしましょう。

【ポイント!】
申込人数によっては締め切られてしまう場合もありますが、追加日程で開催される場合もあるのでこまめにチェックしましょう。

 

2.予約完了

無事に予約できたら、その企業についての情報をネットなどで把握しておきましょう。

また、当日必要なもの・服装・集合場所などをしっかり確認しておくことも大切です。

それができたら、他の予定と被らないスケジュール管理と、当日に備えた体調管理を万全にしましょう。

【ポイント!】
どうしても都合がつかなくなった場合は、早急に企業担当者へ連絡をいれ、参加できなくなった旨を、きちんと説明しましょう。

しっかり事情を話すことで、相手への印象も変わります。

 

3.参加当日

分からないこと、知りたいことを積極的に学びましょう。

将来自分が携わるかもしれない仕事を実際に体験できるチャンスです。

自分の持っている仕事のイメージをより現実のものとして肉付けしましょう。

【ポイント!】
参加することで志望動機がより強くなるかもしれません。

逆にイメージの違いに気づくこともあるでしょう。

それこそがインターンシップの本当の目的なのです。

 

4.参加後

インターンシップ終了後はなるべく早く企業の担当者へお礼状を出しましょう。

感謝の気持ちをしっかりと伝えること。これも社会人になる上での大切なマナーです。

感想などを添えて自分の気持ちを表しましょう。

【ポイント!】
お礼状を書く際、大切なのは字のうまい下手よりも感謝の気持ちを込めて書くことです。

きれいな字で書けないからと、出すのをためらってはいけませんよ。

先輩体験談

アルバイトでは体験できない社会人としての仕事

先輩

インターンシップに参加するまでは、就職活動に対して不安に感じることが多かったです。

しかしアルバイトでは体験できない社会人としてのマナーなども参加する事で学べると聞き、思いきって参加しました。

働いている人について知ることができましたし、企業の雰囲気も感じられました。

また、同じ境遇の学生と話すことで、就職活動に対する不安を共有でき、安心できました。

同時に「もっと頑張らないと」と自分を奮い立たせる機会になるなど、振り返ってみると就職活動を進めていく上でとてもよい経験になりました。

みなさんもこのチャンスを逃さないよう、インターンシップに一度参加してみることをオススメします。

 

おすすめ記事