【履歴書欄の趣味・特技一覧】趣味・特技がない就活生も大丈夫!

履歴書やエントリーシートにほとんどある趣味・特技の欄ですが、悩んでいる就活生も多いのではないでしょうか。

「書けるような趣味・特技がない!」「どうやって書いたらいいか分からない!」

そんな就活生のために、趣味・特技の一覧や書き方についてご紹介していきます。

趣味・特技を聞く企業側の意図とは?

まず、趣味・特技そのもの自体が評価されることはほとんどないと言って良いでしょう。

それでは、何を見られているのでしょうか。

趣味・特技を聞く企業の意図としては、下記のことが考えられます。

人間性

趣味・特技を知ることで、みなさんが何に対して興味を持っているか、何が得意なのかを知り、そこからどのような人間かをイメージします。

企業は普段の学生の姿を想像するために趣味や特技を聞いていると考えて良いでしょう。

趣味・特技から見られる資質

企業の採用担当が知りたいのは、会社に入ってからの資質があるかどうかです。

趣味・特技を通じて、どのように取り組み、何を得られたかを企業は確認をしています。

上達した過程を重視して伝えることで、アピールすることができますよ。

面接のネタ

趣味・特技が気になる内容であれば、面接を盛り上げるネタとして有益になるケースがあります。

面接で聞かれた際には、趣味・特技を一言で終わらすのではなく、その趣味・特技の具体性を持たせるために簡単なエピソードと一緒に話すと良いでしょう。

趣味・特技の書き方

履歴書・エントリーシートの書き方

まずは、自分の趣味・特技を思いつく限り全て書き出してみましょう。

そして、志望している企業や業界の特徴を書き出し、それに近い自分の趣味・特技を選びます。

履歴書に書く際は、「趣味・特技(一言)」+「説明文」の構成で書くようにすると良いでしょう。

履歴書の欄は小さいことが多いため、長文で書いてしまうと読みづらくなる可能性があります。

数字を使用して具体性かつ簡潔に書くことで、読みやすくすることができます。

また、いつから始めたか、どのような内容かを書くと具体的な内容になりますよ。

趣味・特技一覧

履歴書に書けるような趣味・特技がない方も、下記の趣味・特技一覧を見て、何か長年続けているものなどないか考えてみましょう。

記入する際は、質問された時でも大丈夫なように知識エピソードがあるものを選びましょう。

・記憶力 ・演技部 ・英語力

・アウトドア ・ウォーキング

・家庭菜園 ・写真 ・バスケ

・フットサル ・登山 ・ダンス

・似顔絵&イラストが得意

・ツーリング ・スキー ・ピアノ

・スノーボード ・読書

・ランニング ・ウォーキング

・ギター ・サックス ・ゴルフ

・将棋 ・カラオケ ・旅行

・自転車 ・料理 ・映画製作

・動画製作 ・プログラミング

・ドライブ ・釣り ・ビリヤード

・ボウリング ・犬のお世話

・アクアリウム ・スポーツ観戦

・史跡巡り

NGな趣味・特技

趣味・特技は工夫して書けばアピールできるようになりますが、何でも書いて良いわけではありません。

中には、正直に書かない方が良いものもあります。

ギャンブル

パチンコや競馬等のギャンブルの趣味は、企業側に良いイメージを与えることができません。

犯罪を想起させるもの

ハッキングや動物の解剖など、犯罪を思わせてしまうような趣味・特技は控えましょう。

政治や宗教に関わるもの

個人の思想に関係するものは、意見が分かれてしまうため控えましょう。

ゲームやアニメ、漫画、アイドル系など(関連する業界は除く)

上記のものは、日本の文化として海外から人気を得ていますが、一般的なビジネスの世界では良しとされていない場合もあり、誤解を招かないよう記入は控えた方が良いでしょう。

嘘をつく

自分をよく見せたいからといって、興味のない趣味・特技を書いてしまうと、内容がうすくなってしまいます。

また、後ほど面接で趣味・特技について深く聞かれたときにボロが出やすくなり、ばれてしまうとマイナスな印象になる恐れがあります。

正直に自分の趣味・特技を書くようにしましょう。

空白、特になし

趣味・特技の欄を空白で出してしまうと、他の人よりもアピール材料がひとつ少なくなってしまい、企業からも志望度が低いという印象を与えかねません。

「マイナスなイメージを持たれる可能性がある趣味・特技を控える」、「企業の特徴にあった自分のアピールに繋がるものを書く」などを気にして書くと良いでしょう。

まとめ

趣味や特技では、基本的に評価が下がることはありません。

大事なのは、その企業に合ったものをできるだけ選び、アピールに繋げることです。

たとえば、営業を志望している場合は、アウトドアな趣味を書くことで「行動力がある」といったアピールをすることができるかもしれません。

自分の趣味・特技を分かりやすく、正直に伝えることを心がけるようにしましょう。

履歴書・エントリーシートの書き方については、こちらの記事で紹介しておりますので参考にしてみてください。

おすすめ記事

【自己PR&志望動機】履歴書・エントリーシートの書き方

【面接を控えている就活生必読!】よく聞かれる質問20選とその対策

【履歴書郵送の方法】正しい封筒の書き方(見本付)

【履歴書欄の長所・短所の書き方】書く時の構成と3つの注意点