就活で好印象な髪型は!?差をつける身だしなみ

髪型は第一印象を左右するポイントの1つです。

そこで就職活動に適した好印象な髪型をご紹介していきます。

一番大切なのは清潔感

就活の身だしなみにおいて一番大切にしたいのは清潔感です。

どんなに身なりを気にしていても清潔感がなければ相手に良い印象を与えることはできません。

髪型は簡単に変えることができ、相手に良い印象を与えることができます。

 

髪色はやっぱり黒色がいい!?

就活での髪色は黒色がベストですが、地毛に近い色のほうがビジネスシーンでは浮きません。

茶髪や明るい色だと、マナーがなってないと企業の人は思います。気にしない企業もありますが、就活ではやはり黒色が良いでしょう。

また、就活が始まる直前に染めると不自然になったり、色がすぐに落ちてきたりします。

徐々に落ち着いた色にすると安心ですよ。

金融や公務員など、堅い業界を志望している人は特に気をつけましょう。

 

髪型のポイント

髪型は少し変えただけで、簡単に印象を変えることができます。

そこで、清潔感を出せる髪型のポイントを男女別で抑えていきましょう!

 

【男性編】

ポイントは前髪と横髪

男性は、髪が長いだけで不潔感をあたえてしまいます。前髪は長すぎるとおでこや目が隠れ、全体的に暗く不健康なイメージを与えてしまいます。

反対に眉毛と同じぐらいか、おでこがでるぐらい短めぐらいにすると元気で活発な明るい印象を与えることができます。

横髪は耳にかからないぐらいの長さだと爽やかな印象を与えることができますよ。

 

襟足ともみあげ

襟足の長さはやはり襟にかからないぐらいがいいでしょう。

長すぎると、チャラチャラとした不真面目なイメージになってしまい、就活での髪型にはあまり相応しくありません。

また、もみあげは長すぎるとひげのように感じるためワイルドな男らしい印象を与えることはできますが、清潔感のあるイメージを与えることは難しくなってくるでしょう。

もみあげを短くカットすると、顔の輪郭が出てすっきりと爽やかな印象になります。

 

ワックスのつけすぎに注意!

ワックスは付けすぎてしまうと逆に不潔感を与えてしまいます。

手のひらに薄く延ばして後頭部からつけるようにしましょう。

前髪は横に流すと好印象です。

ワックスは無香料のもので、ツヤがあまり出ないものを選ぶのがポイントです。

 

【女性編】

顔の輪郭を見せよう

相手と話ししている最中に髪が顔にかかって何度も髪を触るのは相手にとって良い印象を与えることはできません。

ロングの人は髪の毛が落ちないように後ろで束ねましょう。

肩にかからないぐらいの長さであれば、結んでもそのままでも大丈夫です。

横髪は耳にかけるか、後ろで少し結ぶと顔に髪がかからずすっきりとさせることができます。

横のもみあげの部分も出さないようにします。

ゴムは目立たないように黒色か茶色にしましょう。

 

前髪

前髪はおでこや眉毛を出すと明るい印象になります。

前髪が長い場合はピンで留め、眉毛と同じぐらいの長さの場合はスプレーで軽く固めるのもいいでしょう。固めすぎには注意です。

スプレーは直接かけずに前髪の裏側からやコームにスプレーをかけてから髪をとかすとうまく出来ますよ。

 

まとめ

 

就活で一番大切なのは、人事担当者にいかに好印象を与えるかということです。

就活マナーや、身だしなみはもちろんですが、すぐに取り掛かれるところから始めてみましょう。

行きたい企業から内定をもらうためにも、ビジネスマナーに相応しいすっきりとした清潔感のある髪型を意識しましょう。

 

おすすめ記事