就活に役立つ!よく出るグループディスカッションタイプとその対策

最近の就活での評価対象として扱われることが多くなったグループディスカッション。

苦手な就活生も多いのでは?そこで、就活に役立つグループディスカッションのタイプとその対策をご紹介!

グループディスカッションで実際に出るテーマやその対策、注目されるポイント、進め方などをお教えします!

人事担当者が見ているポイント

採用選考の中にグループディスカッションを導入する企業は増えてきています。

グループディスカッションでは、どれだけチームに貢献できるかが重要です。

自分だけ目立つことは控え、全員が意見を出し協力することを意識しましょう。

まずは、グループディスカッションで、人事担当者が見ているポイントをご紹介していきます。

 

コミュニケーション力

積極的にコミュニケーションをとり、少しでも意見を出しやすい環境にしましょう。

誰も話し始めないときは自分から話し始めるなどすると好印象です。面接官が来るまでに少し会話をすると早くメンバーと打ち解け、話しやすくなりますよ。

 

協調性

自分の意見ばかり主張せずに、周りのメンバーの意見も尊重しましょう。

議論から外れた意見が出た場合は頭ごなしに否定するのではなく、「たしかに○○さんの意見は一理ありますね。ただ、私は○○と思います。」のように、一度同調をして自分の意見を言うと感じが良くなります。

 

リーダーシップ

周りを上手く巻き込んで進めることが大事です。

話し始める人がいない場合は自ら進行をして進めましょう。

反対に、全員が話して収拾がつかない場合は、上手くまとめるようにしましょう。

 

発想力

考えが煮詰まった時に、新しい視点で意見を出せると印象付けれます。

ただし、チームの意見がまとまりだした時に、新しい意見をいうとチームの輪を乱すことになりかねないので発言する場面には気をつけましょう。

 

グループディスカッションの進め方

時間を意識しながら自己分析

グループディスカッションで、一番重要なのは時間を守ることです。

グループディスカッションは時間が決められています。

社会人になると締切や納品などがあるため、そこを重要視する会社は少なくありません。

そこで、時間内に終わらせるため、基本的な流れを把握しスムーズに進めていく必要があります。

 

基本的な流れ

1.自己紹介をしよう

時間は限られているので、簡潔に自己紹介をしましょう。

議論中に名前が言えるようにメモをしておくと良いでしょう。

 

2.役割を決めよう

自己紹介を簡単に終わらせたらまずは役割分担を決めましょう。


(1)リーダー
(2)タイムキーパー
(3)書記
(4)発表者

役割はグループ人数にもよりますが、基本的には上記の役割があります。

ここであまり時間をかけないように自分からどの役割をしたいかを言いましょう。

役割がないからといって不利なわけではありません。

その分発言や周りへの配慮、進行のサポートなどを意識してディスカッションに取り組むことが大事です。

 

3.意見を出し合う

テーマに対して、まずは自分の意見を発表しましょう。

発言が出にくいようであれば、リーダーは「あなたはどう思いますか?」など相手に発言権を振るようにしましょう。

書記は各メンバーの意見をメモしますが、書くのに夢中で全く発言しないということは避けましょう

タイムキーパーは時間を意識し、「残り5分前なのでそろそろまとめましょう」など声をかけるようにしましょう。

 

4.意見をまとめる

似ているタイプの意見はまとめたり、取捨選択などをしましょう。

時間内に決まりそうにないからといって多数決をとるのはNGです。全員が納得いくように自分たちでまとめれるようにしましょう。

 

5.発表の準備をしよう

まとめた意見で発表できるように準備しましょう。

企業によって発表方法が違う場合があるため、時間配分はそれに合わせて調整しましょう。

 

6.発表

発表者はまとめた内容を基に、堂々と発表しましょう。

 

時間配分

グループディスカッションの実施時間で多いのは30分が多く、次いで20分、40分です。

30分の場合の時間配分は下記の通りです。

1.自己紹介(2分)

2.役割決め(2分)

3.意見出し(15分)

4.意見まとめ(6分)

5.発表準備(5分)

 

自己紹介と役割決めは時間をかけずスムーズに進めましょう。

 

参加する際の注意点

グループディスカッションに参加するときのポイントを抑えましょう。

うっかりやってしまいがち、忘れがちなものもあるため頭の隅に入れておくことをおススメします。

 

まわりの人の話に耳を傾ける

自分の意見ばかり言って、周りの人が話しづらい雰囲気にしないようにしましょう。

意見が誰も出ないようであれば、自ら発言をしてから周りに発言を促しても良いでしょう。

 

メモを取る

人が話をしているときは、メモをとって大事なところを聞き逃さないようにしましょう。

ただし、メモに夢中になって発言しないのはNGです。

 

時間を気にする

タイムキーパーだけに頼らず、自分でも時間を意識してディスカッションを進めましょう。

自分の意見を簡潔に相手に伝えることが大事になってきます。

 

言葉遣いに気をつけよう

意識しすぎる必要はありませんが、面接官に見られていることを忘れずに。

よく使う敬語について、別の記事でも紹介しております。

 

意見・反論を言うときは冷静に

ディスカッションといっても熱くなる必要はありません。

反対意見があるときこそ冷静になって、論理的にディスカッションを進めましょう。

 

グループディスカッションタイプとその対策

就活生と担当者

グループディスカッションのテーマは大きく4つのタイプに分かれます。それぞれのテーマタイプと対策をお教えします。

(1)自由討論型

グループディスカッションで一番多いのがこの自由討論型です。1つのテーマに対して自由に討論していきます。

【例】
働くことの意味とは?女性が活躍する社会になるためには?

良い企業とはどんな企業?

新しい祝日を作るとしたら?

10年後〇〇業界はどうなっている?

【対策】
テーマが抽象的で自由なため、話がまとまらず逸れることがあります。

あらかじめ、定義付けをすると進行しやすくなります。正解はないため、答えを導き出すプロセスが重要になってきますよ。

 

(2)ディベート型

あるテーマについて賛成か反対かに分かれ意見をぶつけ合います。

【例】
学歴は必要か否か

朝食はご飯とパンどちらが良いか

愛とお金どちらが大事?

死刑制度 賛成?反対?

子供に小学生の時からスマホを持たせるのは賛成?反対?

【対策】
意見をぶつけ合うため、自己主張が強くなりがちになります。

相手の意見もしっかり受け取ることを大事にしましょう。メリットだけではなくデメリットまで考えられるのが大事になってきます。

 

(3)選択型

1つのテーマにたいして複数の選択肢が与えられ、順位をつけたり、1つに絞ったりします。

【例】
小学校の教科を1つなくすとしたらどれか(国語・算数・社会)

このグループの中で1人だけ合格にするなら誰?

無人島に持っていくとしたらどれか(ライター・水筒・懐中電灯)

嵐のメンバーで採用するなら誰?

親友、恋人、お金に優先順位をつけるとしたら?

【対策】
意見を出すというよりも、意見をまとめることの方が重要になってきます。

選択肢の中から選ぶため多数決になりがちですが、絶対にしないようにみんなが納得いくかたちでまとめるように進めましょう。

 

(4)課題解決型

発生している問題に対して、解決するための方法を話し合います。

【例】
少子化を改善するには?

地球温暖化を解決するには?

コンビニの売上を2倍にするための施策を考えよ

残業時間を減らすための方法は?

満員電車を減らすためにはどうしたらいいか

【対策】
物事を論理的に考えることが重要になってきます。

比較的難しいテーマも多くなってくるため、時間内に終わらないという危険性も増えます。

下記の順序を守り、ディスカッションを進めましょう。

1.どんな解決策があるのか

2.解決策を実行する際の問題点

3.どの解決策が現実的か

 

練習してみよう!

就活女性

実際にグループディスカッションを練習をしたほうが流れも分かり、身につきます。

周りに協力してもらい、実際に練習してみましょう。

メンバーを集めよう!

グループディスカッションは複数人で行うもの。一人ではできません。

友人や先輩に声をかけて協力をしてもらうようにしましょう。人数は4~6人ぐらいを目安にします。

余裕があれば試験管も1人決め、客観的に見てもらいましょう。

 

ディスカッションするテーマを決めよう

グループディスカッションが始めての人が多い場合は、全員が発言しやすいテーマを選ぶと良いでしょう。

テーマは別の記事でも紹介しています。


時間を決めよう

実際のグループディスカッションだと30~40分ぐらいが多いです。

グループの人数や議題の難易度に合わせて調整しましょう。

 

グループディスカッションを実践してみよう!

いよいよグループディスカッションをします。

始めての人は、なかなか発言ができない場合が多いです。

練習なので、まずは自分の意見が発言できるように心がけましょう。

また、やったことがない役割・苦手な役割があれば挑戦し、練習してみると良いでしょう。

 

フィードバックをしよう!

ディスカッションがおわったらフィードバックをしましょう。
フィードバックのポイントは4つ。

(1)時間内で終わらせることができたか。

(2) テーマに合った解答ができていたか。

(3) 各役割がきちんと果たせていたか。

(4) チーム全員がきちんと発言し、参加できていたか。

以上のポイントを踏まえながらフィードバックを行うと良いでしょう。

試験管役がいればその人が、もし試験管役がいない場合は、各メンバーが全員によかった点と改善するべきところを教えてあげれるようにしましょう。

フィードバックができるようにグループディスカッション中はフィードバック用にメモをとっておくのも良いです。

 

まとめ

先輩

グループディスカッションはとにかく慣れが必要になってきます。

自分の得意な役割やテーマばかり練習していても、本番で状況が変わってしまった時に上手くいかない可能性があります。

メンバーが違うだけでもかなり状況が変わりますので、とにかく練習をして本命の会社ではしっかりとディスカッションができるように準備しましょう!!

 

おすすめ記事

【グループディスカッションのテーマ一覧】就活生なら知っておきたい45例

【面接編】就活生が気をつけるべき7つのマナー

グループディスカッションの役割で最も有利なのは?