「挫折経験は?」挫折経験がない方でも面接で上手にアピールできる方法

失敗談や挫折経験について、多くの企業のエントリーシート・面接ではよく聞かれます。

「そんな経験なんてない…」「話せるような挫折経験がない」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、失敗談・挫折経験が思いつかない方でも面接で上手にアピールできる方法をご紹介します。

質問の意図とは

そもそも何故、企業は失敗談・挫折経験についてよく聞いてくるのでしょうか。

それは、大きく3つの理由が考えられます。

ストレス耐性があるか

入社して社会人になると、学生とは違って責任も増え、挫折を嫌というほど経験します。

そのため、失敗や挫折をする度に心が折れてしまったり、会社を辞められてしまっては困ります。

社会では挫折経験に立ち向かい、成長して会社に利益を生み出す人が評価されます。

挫折を乗り越えられ成長できる学生を、企業は採用したいのです。

目標に向けて努力した経験があるか

挫折経験は目標に対して努力をしたがその努力が報われなかった体験です。

つまり、挫折をするためには、高い目標に対して努力をしている必要があります。

何かに熱中して真剣に取り組める人かどうかを企業は見たいのです。

困難に直面した時、どのように克服するか

問題に直面した時の対応により、入社後の働きを見ています。

先ほどの項目でも記述したように社会人になると失敗や挫折はかなり増えます。

そんな時、問題に対しての立ち回り方で人間性や思考プロセスがわかります。

挫折経験を伝えるときの構成

まずは挫折経験を話す時の正しい構成を知っておきましょう。

最初に結論を述べ、挫折経験をどのように捉えて、何を考えて行動したのかを伝えると良いでしょう。

構成

1.まずは結論から

私にとっての挫折経験は○○です。

2.挫折した経験の内容を具体的に

私は○○の時、○○という役割を担っていました。当時、○○という問題が起こり、私は○○と考え○○しましたが、改善することができませんでした。

3.挫折経験に対してどう捉えたか

そこで、私はこの○○という問題を○○と捉え、○○と考えました。

4.挫折経験に対してどのように取り組んだか

そこで、私は○○をするなど、○○を徹底しました。

その結果、○○になりました。

5.挫折経験を通じて得たこと

私はこの○○の経験を通じ、○○の大切さを学びました。貴社に入社してからもその○○を大切にし、○○でも活きると考えております。

挫折経験を伝える時の注意点

挫折経験を伝える時、下記の2つのポイントに気をつけましょう。

挫折経験だけを伝えない

面接官はあなたの単なる苦労話を聞きたい訳ではありません。

先ほども記述したように、挫折した時にどのように取り組むかを知りたいのです。

あなたの挫折経験とともに、どのように取り組み克服したのかを一緒に伝えましょう。

挫折とは言えないレベルの低い経験は選ばない

「遅刻した」「忘れ物をした」など、レベルの低い挫折経験だと克服した経験を魅力的に伝えることができません。

あなたの人生や心を大きく揺るがした挫折経験をできるだけ選びましょう。

挫折経験の選び方

挫折経験の種類は大きく3つに分けることができます。

まずは企業にどういったことをアピールしたいのか意識してエピソードを考えましょう。

チャレンジ型

チャレンジ型は高い目標に対し、十分な努力をしたが報われなかった挫折経験です。

全国優勝などを目指し、練習を重ねたが結果が伴わなかったなどがこれにあたります。

挫折した実際の経験とどのように乗り越えたか具体的な内容をアピールすると良いでしょう。

環境変化型

環境変化型は環境の変化に伴い、今までの同じやり方で上手くいかなかった挫折経験です。

サークルやアルバイトで立場が変わった・メンバーが変わったなどで、思うようにいかなくなったことなどがこれにあたります。

具体的な内容や、何故そこで挫折しなかったかなどの理由をあわせて伝える必要があります。

天災型

天災型は外的要因によって今までの環境が激変した挫折経験です。

天災や身内の不幸、病気・怪我などにより、何かを諦めなければいけない状況に陥ったりなどがこれにあたります。

自分の意思とは関係ない不条理な挫折をどのようにして克服したかを伝える必要があります。

挫折経験が思いつかない時の対策

挫折経験がない・思いつかないといっても、ただ「挫折経験はありません」と答えるべきではないでしょう。

サークル、アルバイト、受験、就活、人間関係、自身の怪我や病気などあなたが経験した中で、正しい構成で伝えることができればどんなこともアピールになります。

何に熱中し努力してきたか、どのような困難を乗り越えたかの2点を伝えることができれば企業が求めている要素を伝えることができるはずです。

挫折経験が思いつかないという方は、視点を変えて今まで努力したことや取り組んできたことに対して、どのような困難や苦悩があったかを考えてみましょう。

まとめ

就活のためにあらかじめ何か特別な準備をする必要はありません。

自分が経験してきた中で、何に熱中して努力してきたか、困難をどのように克服したかを考え、その2つのポイントを抑えてアピールしましょう。

この質問は頻繁に面接やエントリーシートでも聞かれることが多いため、予め用意しておきましょう。

おすすめ記事

【面接を控えている就活生必読!】よく聞かれる質問20選とその対策

就活グッズ27選!!これだけ準備すればOK!

【グループディスカッションのテーマ一覧】就活生なら知っておきたい45例

【最終面接の対策】最終面接で見られるポイントは?