封筒の宛名で筆ペンはあり?使用NGなペンの種類とは

封筒の宛名でのペンを選ぶ時、迷ったことはありませんか?

様々な種類があるペンですが、履歴書の封筒を書く際に相応しくないペンもあります。

そこで、失敗しない封筒の宛名に相応しいペンの選び方と使用NGなペンをご紹介します!

封筒を書く時のペンの選び方

封筒の宛名は人事担当者が見てわかりやすい文字である必要があります。

文字が細くて見えづらかったり、雨でにじんで見えなかったりする可能性があるペンは必ず避けるようにしましょう。

封筒を書くペンの選び方で重要なポイントは、見えやすくにじまないことです。

つまり、油性かつ太い黒ペンが封筒の宛先を書くには最適だと言えます。

ただし、太すぎてしまうと文字がつぶれてしまうので0.5~0.7ミリ程の中細のペンが良いでしょう。

また、ボールペンの場合は、1.6ミリの極太であれば細すぎないと言えます。

履歴書在中を書くペンは?

宛名とは別に「履歴書在中」または「応募書類在中」という文言の記載も忘れずにしましょう。

100均で専用のスタンプを売っていますが、手書きでも大丈夫です。

手書きで書く場合は油性の赤いペンで「履歴書在中」と書き、その周りを四角で囲みます。

四角は定規で丁寧に書きましょう。サインペンだと太くて書きづらいため、太めのボールペンで書くと良いでしょう。

封筒の宛名を書くのに相応しくないペン

封筒の宛名を書く際に選んではいけないペンをご紹介していきます。

また、そのペンが何故相応しくないかの理由も見ていきましょう。

筆ペン

筆ペン

一見、筆ペンは丁寧なイメージがありますが、インクがにじんでしまう可能性があるため相応しくないと言えます。

履歴書の封筒の宛名を書く際は、筆ペンなどの水性のペンは避けるようにしましょう。

マジックペン

太くて油性の黒ペンですが、太すぎて文字がつぶれてしまう可能性があります。

種類によっては、封筒の中まで文字がうつってしまう可能性があるため、マジックペンは避けましょう。

細いボールペン

ボールペン

ボールペンは油性ですが、封筒の文字が細いと読みづらいため、宛名に書くのはできるだけ控えた方が良いでしょう。

極太のボールペンであれば封筒の宛名に使用しても大丈夫です。

もちろん、履歴書を書く際は、細いボールペンを使用しても問題ありません。

ただし、消せるボールペンは熱で消えてしまったりするため、大事な書類に書くのには適していません。

万年筆

丁寧なイメージがありますが、水性のため雨に濡れてしまうとにじんでしまいます。

こちらも、履歴書などの書類を書く際には使用して問題ありませんが封筒の宛名書きは控えましょう。

まとめ

履歴書の封筒の宛名に相応しいペンをご紹介しました。

油性かつ太くて見やすいペンが適しています。

封筒の宛名は、人事担当者が一番最初に目にする箇所です。

封筒の文字が合否に関係することはほとんどありませんが、相手が読みやすいように気を配ることが大事と言えます。

封筒の宛名を書く際は、油性かつ太い黒ペンを選びましょう。

おすすめ記事

【送付状の書き方】抑えたい提出書類のマナー

【履歴書郵送の方法】正しい封筒の書き方(見本付)

送付状って必要?郵送時に入れ忘れてしまったら?