第二新卒の就活は厳しい!?その理由とは

就職活動を始めてからよく目にする第二新卒というワード。

第二新卒は就活で不利だと思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで、厳しいとされている理由や、第二新卒であるメリットもご説明します。

第二新卒とは

第二新卒とは、学校を卒業後、一度就職したものの数年(1~3年)で離職し、転職活動をする若年求職者(およそ25歳頃)を指します。

※一部では大学を卒業してから、一度も就職経験がない方や、フリーターも含めて第二新卒と呼ぶケースもあります。

基本的に新卒求人は中途の方は対象外のことが多いですが、新卒とともに第二新卒の方も歓迎としている企業もあります。

資格の欄に書いてあることが多いため、第二新卒の方で就職活動をされている方は注目してみましょう。

 

新卒との違い

新卒との大きな違いは社会人経験の有無です。

新卒はその年度中に学校を卒業した人を指します。

 

既卒との違い

既卒とは、大学卒業後正規雇用として職務経験がない人のことです。

既卒3年以内と記載している企業もありますが、それは正規雇用としての就業経験がなく、かつ大学を卒業してから3年以内の人を指します。

既卒はOKでも第二新卒は受け入れていない企業もあるので、直接担当者に確認してみましょう。

 

第二新卒が厳しいとされている理由とは

第二新卒が厳しいとされている理由とは何でしょうか。

その理由は大きく2つあります。

そもそも求人数が少ない

そもそも第二新卒の募集をしていない企業もあるため、新卒と比べると新卒向けの求人数は限られてしまいます。

しかし、新卒向けの求人でも第二新卒を募集している企業もあるため、気になる企業があれば直接問い合わせてみましょう。

また、新卒サイトだけではなく転職サイトと併用して幅広い就職活動をされることをお勧めします。

 

またすぐに辞めてしまうと警戒される

第二新卒は、入社してすぐに会社を辞めるというイメージが強く、入社してもまた短期間でやめてしまうと警戒されてしまいます。

面接で退職理由を聞かれた際は、会社の不満などマイナスなことを話すのではなく、新しい事業に挑戦したかったなど前向きでプラスな理由を話しましょう。

 

企業が第二新卒を採用するメリット

先ほど第二新卒が厳しいとされている理由をご紹介しましたが、第二新卒だからこそのメリットもあります。

実際、第二新卒を積極採用している企業は増えてきております。

企業側が第二新卒を採用したい理由(メリット)をいくつかご紹介します。

基本的なビジネスマナーを身につけている

第二新卒は、ほとんどが前の会社で研修をし、基本的なビジネスマナーを身につけていることが多く、新卒に比べて教育にかける手間や費用がかかりません。

企業側としては、短期間でも社会に出た経験があるということがメリットになります。

 

勤務開始が柔軟

新卒だと入社月が限られているのに比べ、第二新卒は比較的入社のタイミングに柔軟がつきやすいです。

採用後、入社までの期間が短く実務に取り組めることは採用コストの早期回収、早期戦力化といった点でメリットといえるでしょう。

 

社風に染まりやすい

中途採用者に比べて社会人経験が浅い第二新卒は、社風に染まりやすく、企業のルールも一から覚えてくれる素直さが優遇される要因となります。

どんなに前職での経験や役職があったとしても会社に馴染めなければマイナス評価になってしまいます。

20代中盤と若い第二新卒は、育てやすい存在でもあります。

 

まとめ

まずは、あなたが就職活動をすることで「変えたいこと」「手に入れたいこと」を考えるようにしましょう。

それが、あなたの志望理由にもつながるはずです。

第二新卒は一度社会に出ている分、新卒に比べてミスマッチが起きにくく、長く企業に勤められる可能性が高いといえます。

焦らず、自分の適性や適職についてじっくり考えることもお勧めします。

前職で身についた経験・スキルを明確にして、満足のいく転職・就職活動にしましょう。

 

おすすめ記事