コートを脱ぐタイミングはいつ?正しい畳み方と置き方は?

寒い季節、面接や説明会などで企業を訪問する時に気になるのがコートを脱ぐタイミング。

企業の方に失礼にならないようにマナーを知っておく必要があります。

コートを脱いだ時の畳み方や、椅子に座った時のコートの置き方も一緒に習得しておきましょう。

コートの選び方

まずはどんなコートが良いかご紹介します。

就活で使えるコートの選び方を知り、スマートな就活生を目指しましょう!

男性向け

スーツの上着より長い丈であれば問題ありません。

色は黒や紺色、グレーなどダーク系がおすすめです。

マフラーもコート同様ダークカラーのものを選びましょう。

ボタンを留める時は、コートでも一番下のボタンは留めないのが一般的です。

ダッフルコートやダウンコートなどカジュアルなものはNG。

女性向け

メンズ同様、ダッフルコートやファー付きのコートなどのカジュアルなものはNG。

ビジネスシーンでは定番のトレンチコートが人気です。

中でも膝上のショート丈が主流です。

防シワ機能がついていると、電車に座った時や畳んだ時などにシワになりにくく便利です。

マフラーのカラーは自由ですが、華美すぎないものを選びましょう。

コートを脱ぐのに最適なタイミングは?

寒い季節、企業へ訪問する時に悩むのはコートを脱ぐタイミングではないでしょうか。

コートを脱ぐタイミングで一番最適なのは「建物の敷地内に入る前」です。

コートはチリやホコリなどで汚れているのでそのまま入ってしまうと建物内にゴミを持ち込んでしまっていることになります。

そのため、寒いからといって建物に入ってから脱ぐのは好ましくありません。

大きなビルの中にテナントで入っている企業もありますが、「敷地内に入る前に脱ぐ」ということを忘れないようにしましょう。

コートを着るタイミングも同様で、会社の敷地外に出てから着るようにします。

コートの正しい畳み方

コートを脱いだ後はスマートに持ちたいですよね。

正しい畳み方がありますので、参考にしてみてくださいね。

①コートの内側を外側に折り込みます

②さらに縦に半分に折ります

③横半分のところで腕にかけます

コートの畳み方手順

先ほども記述しましたが、コートの表側にはチリやホコリなどが付いているため、それを表にさらさないためにも裏地を表にして持ち運ぶのがマナーです。

そして袖部分なども一緒に折り込まれるため、すっきりとした印象になります。

ベルトは後ろで結んでいた場合は大丈夫ですが、そうでない場合はベルトをポケットに入れると垂れずキレイに折りたたむことができます。

コートを椅子にかけるのはNG!

コートの置き方

説明会や面接で椅子に座る時、コートを椅子にかけていませんか?

椅子にかけたり、膝の上に置いたままにするのはNGです。

床に置いたカバンの上に3つか4つ折りにしてのせましょう。

まとめ

コートを脱ぐタイミングや畳み方、置き方をご紹介しましたが、いかがでしたか。

以外に知らないことが多かったのではないでしょうか。

知らないところで企業の方に見られているということもありますので、思いやりやマナーには気を配りスマートに就職活動を進めましょう。

おすすめ記事

合同説明会に参加するときの服装と持ち物は?

説明会で服装自由と言われた時の服装

就活グッズ27選!!これだけ準備すればOK!

【基本的な就活マナー】正しい知識で就活しよう