説明会で服装自由と言われた時の服装

会社説明会の説明文にたまにある「服装自由」…。

本当に私服でいいのか、それともやはりスーツで行くべきなのか迷いますよね。

そんな時の服装についてご説明します。

服装自由と伝える企業の目的とは?

まずは、説明会や選考で「服装自由」にする企業の目的を考えてみましょう。

目的はもちろん企業によって様々ですが、説明会時の服装を自由にすることは企業の狙いとして下記のことが考えられます。

気軽に説明会に来て欲しい

年々、人手不足の企業は増えてきており、採用活動に困っている企業も増加してきています。

服装を自由にして説明会への来場のハードルを下げることで、多くの学生に参加してもらいひとりでも多くの人材を採用したいという考えがあります。

学生の普段の姿を見たい

スーツ以外の服装で参加してもらい、普段の姿を垣間見て、本当の学生を見たいと考える企業も多くあります。

就職活動ではマナーや面接対策などでしっかりと対策をとっている学生も多く、本当の姿が見えづらいというのがあります。

少しでも学生の本質を見るために服装自由と指定しているのです。

スーツ・私服参加でのメリットとデメリット

「服装自由」なので、スーツでも私服でもどちらで参加しても良いのですが、それでもやはり迷ってしまいます。

そこで、スーツ・私服で参加する場合のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

スーツのメリット

他の説明会、選考にもそのまま参加できる

参加する企業は服装自由でも他の企業はスーツ着用の場合が多くあります。

就活では1日に複数の予定が入ることもあるため、スーツを着用していると着替える手間が省けます。

周りから変に浮かない

服装自由とは言っても、スーツで参加している人は多いでしょう。

そのときに、変に浮くことがなくなります。

服装を選ぶ手間が省ける

私服だと、どうしてもTPOをわきまえた服装を選ばなくてはいけません。

スーツだと、その手間もないため楽ですね。

スーツのデメリット

多数の中に埋もれてしまう

先ほどのメリットで変に浮かないと述べましたが、それは悪い意味で目立たないということでもあります。

マイナスイメージを持たれてしまう可能性がある

服装自由にしている目的として、学生の本質を見たいと思っている企業からは疑問に持たれるかもしれません。

「臨機応変に対応できない」、「融通がきかない」、「適した服装に自信がないのでは」などのマイナスイメージを持たれてしまう可能性があります。

私服のメリット

企業に自分をアピールできる

私服での参加者が少ないからこそ、自分をアピールすることができます。

また、企業も学生の本質を見たいといった理由から自分を見てもらえるチャンスでもあるのです。

リラックスできる

私服で参加することで緊張せずリラックスして参加することができます。

ただし、リラックスしすぎないように気をつけましょう。

私服のデメリット

周りから浮いてしまう可能性がある

企業や業界によって、私服参加者の割合が増減します。

スーツ参加者の割合が多いとやはり浮いてしまう可能性があります。

適していない服装を選ぶとマイナスイメージ

企業によって、「服装自由」の判断基準が違い、難しいものがあります。

企業の意向からそれてしまうと、マイナスイメージとなってしまうので注意しましょう。

服を選ぶのが手間

組み合わせや、ジャンルなど考えなければならず、判断基準もわからないため迷ってしまいます。

また適した服装を持っていなければ用意しなければならず時間や手間がかかります。

私服を着たほうが良い場合

先ほど、「服装自由」だからスーツでも良い。とお伝えしましたが、私服での参加の方が好ましい場合があります。

私服での参加を強調された場合

是非、私服でご参加ください」とナビサイトや説明会で、私服での参加を強調された場合は私服で参加するようにしましょう。

その場合は、ただ参加へのハードルを下げているだけではなく企業は学生の本質を見たいと思っている場合があります。

そこへスーツで参加してしまうと、融通がきかないなどマイナスイメージを持たれてしまいます。

センスが問われる業種・職種の場合

ファッション業界アパレル業界など、その人自信のセンスが問われる業界も、私服で参加しましょう。

これらの業界は一般的なビジネスマンよりおしゃれなファッション、センスが求められます。

自分の好きなジャンルでのファッションよりも、企業の方向性とマッチしたファッションを意識するようにしましょう。

服装を選ぶポイント

私服で参加する場合の服装を選ぶポイントをご紹介していきます。

だらしない格好はNG

本当に服装が自由だとしても、TPOをわきまえない、だらしない格好はNGです。

●NGアイテム

・サンダルなどの指が出る履物

・短パン、ミニスカート

・ヒールの高すぎる靴

・ダメージ加工のもの

・レザー系素材のもの

・スニーカー等

ビジネスカジュアルを意識

基本的には、会社に行っても良いようなビジネスカジュアルを意識しましょう。

男性は靴下、女性はストッキングをしっかり着用します。

スカートを履く場合は、膝丈のものを選びます。

色物・柄物は控える

派手な色や柄なものは印象としてはあまり好ましくありません。

白・黒・茶・グレー・紺・薄いピンク・薄いブルーなどの落ち着いた色をベースにしましょう。

派手なアクセサリーは控える

シンプルなものは問題ありませんが、大きいもの、派手なアクセサリーを身につけるのは控えましょう。

●NGアイテム

揺れるタイプのピアス、ダテメガネ、帽子

まとめ

説明会や選考で「服装自由」と伝える意図は企業によって様々です。

そのため、一般的にはスーツで参加するのが無難な選択です。

ただし、「服装自由」と強く言われている場合や「スーツ以外の服装で」と言われる場合は、ビジネスカジュアルの服装で参加しましょう。

服装を選ぶ際は、その企業に合わせた品や清潔感を意識するようにしましょう。

おすすめ記事

【面接を控えている就活生必読!】よく聞かれる質問20選とその対策

就活で好印象な髪型は!?差をつける身だしなみ

【就活メイクの抑えておきたいポイント】就活女子必見!!