会社説明会で、どんな質問をするべき?

会社説明会では多くの場合、質問があるかどうかを聞かれます。

そんな時、「特にありません」「大丈夫です」と答えてしまっていませんか?

もちろん、どんな場面でも質問をしないより質問をした方が良いはずです。

しかし「どんな質問すればいいかわからない」「思いつかない」という方は多いのではないでしょうか。

そこでどういった質問をするのが良いのか質問例と一緒に確認していきましょう。

 

そもそも会社説明会に参加する目的とは

そもそも会社説明会にはどういった目的で参加をするのでしょうか。

一番の目的は、やはり会社に関することを知るためかと思います。

多くの会社説明会では企業HPに載っている情報はもちろん、載っていない企業の強みや良いところ知ることができます。

その会社のことを知った上で、その後選考に進みたいか進まないかを決めます。

最後の質問も、選考に進む判断基準の材料となるような質問をしてみましょう。

 

どんな質問が相応しいのか

質問している人たち

会社説明会では、面接での逆質問とは違い、選考の段階には進んでいないため気になったことを、とにかく聞いてみるようにしてみましょう。

質問は原則ひとり一つですが、参加人数が少ない場合は周りの様子を確認しながら、複数質問しても良いかもしれません。

ただし、参加人数が多い場合や時間に限りがある場合はひとつに絞り、他にも聞きたかった項目があれば、説明が終わった後に直接聞きに行くようにしましょう。

説明があった項目についてより深く質問してみても良いですし、年齢が近い新入社員の方も会社説明会に参加していれば、社員の方の働き方について質問してみても良いでしょう。

質問例

質問

職場の雰囲気に関すること

・会社の雰囲気を教えて下さい。

・職場の男女比率を教えて下さい。

・正社員の定着率を教えて下さい。

・女性管理職の割合を教えて下さい。

 

求める人物像に関すること

・どんな人と一緒に働きたいとお考えですか。

・採用、入社するのに必要な力、求められる能力はどんな所だと思いますか。

・活躍されている社員の方はどういった人材が多いですか?

 

仕事内容に関すること

・仕事をしていてやりがいを感じるときはどんな時ですか?

・一日の仕事の流れを教えて下さい。

・入社前と入社後で変わった印象があれば教えて下さい。

・転勤はありますか?どのぐらいの頻度でありますか?

・入社後に必要となる資格や技術はあります?

 

質問する時のポイント

人の指

具体的な内容の質問をしよう

「○○についてどう思いますか?」「○○はどうでしょうか」など抽象的な質問だと人事担当者も、どのように答えたら良いかわかりません。

質問の意図がわかりやすいように、具体的に質問することで人事担当者も答えやすく、好印象を与えることができます。

会社説明会での話を深堀りしよう

会社説明会で話した内容をそのまま聞いてしまうのは、説明を聞いてなかったと判断され印象が良くありません。

しかし、説明された内容でより深堀りしたことを聞くと、説明をしっかり聞いていたとアピールでき興味があるんだと感じてもらえます。

質問する時の態度やマナーにも気をつけよう

質問する時、小さい声でボソボソ話しても相手に聞こえるように、はっきり大きな声で話しましょう。

また、人事担当者がフレンドリーな人であっても、言葉遣いを崩さないよう丁寧に話すことを心がけます。

そして、質問に答えてもらったらきちんと、最後にお礼を述べるようにしましょう。

まとめ

まとめ

会社説明会での質問例をご紹介してきましたが、これらが必ず正しいとは限りません。

会社説明会の中で既に話していた内容だったり、他の就活生が似たような質問をしていた場合、話を聞いていないとマイナスの印象を持たれてしまいます。

また、説明している方の年代や、会社説明会に参加している人数によっても質問の内容が変わってくるかと思います。

その場にあった質問をしてみるようにしましょう。

おすすめ記事

【最終面接】好印象な逆質問11選

OB訪問でこれだけは聞いておきたい質問17選

【逆質問】何か質問はありますか?NGな質問例と対策

ジモフェスサイトへのバナー