面接で内定の有無を聞かれた場合の答え方とは

企業から内定をもらっても就活を続ける学生は多いはず。

そんな時、企業から面接で、他社から内定をもらっていますかと聞かれたことはありませんか?

「内定が一社もなかったら評価が下がるのでは?」と、内定をもらっていてももらっていなくても正直に答えるべきか悩む学生も多いのではないでしょうか。

そこで、「内定はもらっていますか」と質問されたとき、どう答えたら良いのか説明していきます。

そもそも企業はなんで内定の有無を聞くの?

では、そもそも企業は何故就活生に内定の有無を聞いてくるのでしょうか。

これに関しては、企業によって理由が異なります。

・学生の選考状況を聞きたい

・内定承諾の度合いを測りたい

・学生の他社からの評価を知りたい

・就活の軸を確認したい

以上が、質問する企業の意図として考えられます。

理由は企業によって異なるため、こう答えたら良いというものではありません。

では、どのように答えるのが正しいのでしょうか。

内定をもらっている場合

内定を既にもらっている場合は、素直に答えましょう。

業界やどんな仕事かも言います。

業界や職種が面接している企業と違いすぎた場合は、「弊社と業界が違うがなぜそこを選んだの?」など理由を求められる可能性があります。

事前に、就活の軸を明示できるように準備しておきましょう。

ただし、大手・有名企業から内定をもらっていたからといって内定に直接関わってくるわけではありませんよ。

当社から内定を出したらどうしますか?の質問に対して

面接が進んでくると、「当社から内定を出したらどうしますか?」という質問も出てくるかと思います。

他社の内定を辞退してこの会社に入ってくれるかを見ています。

とりあえず内定が欲しいと思っている方はばれるので、迷わず「御社に入社したいと思っています」と言えるようにしておきましょう。

内定をもらっていない場合

内定をもらっていない場合も素直に答えるべきでしょう。

他社から内定をもらっていても、そんなに評価が上がらないのと同様に、他社から内定をもらっていなくても評価が下がるわけではありません。

他社からもらっていないから、うちに来てくれるのではと考える企業も中にはいるでしょう。

変に嘘をついたりごまかしたりしてもわかりますし、ばれてしまった場合は評価は悪くなります。

また、同業他社に落ちたのに受けていないと答えると「この業界に興味がないのかな」と思われる可能性もあります。

何故、内定が出ていないと思いますか?の質問に対して

就活が中盤ぐらいになってくると、中には「何故、内定が出ていないと思いますか」と企業から質問されることもあるでしょう。

完全に自分を否定する必要はありませんが、その場合は理由を分析して話しましょう。

内定がないことを否定的に捉えず、経験と努力を積み重ねてきたから今度こそ内定をもらえるかもしれないと、前向きな気持ちを持つことが大事です。

まとめ

面接では、基本的に嘘をつかないようにしましょう。

後でばれたりすると印象が悪くなってしまいます。

内定をまだもらっていなくても、否定的になることはありません。

冷静に分析し、改善すべき点があれば改善して前向きに捉えていきましょう。

おすすめ記事

【内定と内々定の違いとは】内定をもらう前に知っておこう!!

【最終面接】好印象な逆質問11選

【最終面接の対策】最終面接で見られるポイントは?

内定がもらえない学生の特徴とは【人事担当者に聞いた!】